不用品回収ここだけの話

パソコンリサイクル法とは

Posted by 2021.10.21 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

パソコンリサイクル法とは、改正資源有効利用促進法のパソコン関連業界における通称です。
同法ではパソコンやディスプレイなどの回収やリサイクル等を生産者に義務づけています。
資源有効利用促進法はもともと家庭電化製品や自動車など指定された工業製品の回収やリサイクル等を生産者に義務付ける法律で2001年4月に施行されましたが、2003年10月に改正施行され対象品目にパソコンやディスプレイが追加され、俗にいうパソコンリサイクル法が誕生しました。

これに伴い、行政では家庭系パソコンを回収可能な粗大ごみとして扱わなくなり、不要となったパソコンは、パソコンメーカー等へ回収の申し込みなど適切に処理されなければならなくなりました。

対象となる機器類

デスクトップパソコン(本体)、ノートパソコン、ブラウン管(CRT)ディスプレイ、 液晶ディスプレイ(LCD)、ディスプレイ(CRT又は液晶)一体型パソコン、法令で指定されていない「10以下のパソコン」。

パソコンと同時に出す場合に対象とするもの

パソコン購入時、製品に一緒に梱包されていたもののうち、コード類、マウス、キーボード、スピーカー等
※パソコンと同時ではなく、個別に出す場合は、粗大ごみ又は可燃ごみ、不燃ごみになります。

不要になったパソコンの回収の仕方

パソコンメーカーに回収を申し込むのが一般的です。各メーカーの回収窓口(電話、インターネット両方可)からお申し込みください。

その後、メーカーから回収・再資源化料金支払用振込用紙が送付されますので、回収・再資源化料金を振り込みます。

振り込み確認後にメーカーから専用ゆうパック伝票が送付されますので、パソコンを梱包し、伝票を貼り、送ります。

パソコンの回収費用はどれくらい?

パソコンリサイクル法施行以降に発売された機器には「回収再資源化料金」があらかじめ上乗せされています。

ですので、追加でリサイクル料金を支払う必要はありません。PCリサイクルマークのシールが貼られているものが対象になりますので、確認してみましょう。
施行前に販売された機種には料金が上乗せされていませんので、廃棄時に回収再資源化料金を支払わなければなりません。
料金は各メーカーにより異なりますが、おおまかに、液晶タイプのデスクトップPC、ノートPCでしたら3000円、CRTディスプレイタイプのものでしたら4000円程度です。

粗大ごみや家電製品の不用品回収を業者にお願いする時は見積もり内容をよく確認するようにしましょう。
ネット見積もりだけでなく現地見積もりもお願いすること、見積もりの詳細を確認して分からないことは業者に質問することで良い遺品整理業者を選べます。

また一つの業者だけに見積もり依頼するのではなく一括見積りを取るのがポイントです。
複数の業者にまとめて依頼することで見積り依頼の時間を短縮できますし費用の節約にもなります。
ゴミナビ!は無料で一括見積りがすぐに取れるのでぜひ使ってみてください。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国の回収業者をまとめた口コミサイトといえば▼ゴミナビ!▼

評判・口コミ・相場が満載!

お得な不用品回収の情報や知られていないポイントまで、ぜひ業者選びのご参考にしてください。

前のページに戻る

バックナンバー

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話