不用品回収ここだけの話

1人では運べない粗大ごみの処分はどうしよう?

Posted by 2021.10.25 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

そもそも「粗大ゴミ」の基準とは?
「粗大ゴミ」と呼ばれるものは、自治体によって基準が異なります。例えば一番長い辺が金属ならば30cm、それ以外のプラスチックや木材であれば50cmを超えるものとしているところがあれば、指定のゴミ袋に入り切らない大きなゴミとしているところもあります。

つまり、ゴミを出す人がどこに住んでいるかによって、大きなゴミが粗大ゴミになるのか、それとも普通ゴミになるのかが変わります。その基準についてはゴミを出す前に自治体のホームページを見るか、電話で窓口に質問をすれば回答してくれるので、確認をしておきましょう。

主な粗大ゴミの処分方法
粗大ゴミの処分方法は、最も基本的なもので言えば自治体に回収してもらうことです。粗大ゴミの場合には、資源ごみと違って自由に出すことはできず、ネットや電話で回収を頼んでから指定の日付と場所にゴミ出しをします。そのときには、家電や家具の種類によって、規定の料金を払います。コンビニや郵便局で回収シールとか処理券と呼ばれるものを購入して、そこに名前や品名を書いて粗大ゴミに貼り付けておきます。そうすれば、回収を依頼したものであることがわかります。もし、回収シールや処理券を購入して貼っておかなければ、回収を依頼したとしても手をつけずに置かれます。

それ以外では、不用品の引取をする回収業者に任せることもできます。ただし、そういう回収業者の中には、法外な金額を請求することがありますし、引き取った不用品を不法投棄する場合もあります。信頼できる回収業者を選ぶ慎重さが必要です。

自治体や回収業者に任せるのはお金がかかりますが、フリーマーケットやネットのフリマアプリに出品するという方法もあります。やり方さえ分かれば、一般の人でも気軽にできます。しかし、お金が絡む取引ではトラブルが起きるかもしれませんし、大型の品は発送の準備が大変です。そういった点には注意しましょう。

一人では持ち運べない粗大ごみの処分について

▼細かく分解して捨てる▼
タンスやベッドなど大型の粗大ゴミは、一人で家から持ち出すことは困難です。そんな時は細かく分解して捨てる方法があります。もし、規定の大きさよりも小さくできれば、粗大ゴミではなく普通ゴミとして出せるようになるので、事前に回収の連絡をせずに済むでしょう。

それは費用の節約にも繋がります。ですが、あまり無理はしないことです。金属の部品であれば、ネジではなく溶接で固く接続されているものがあります。それを無理に外そうとすれば勢いがあまって、体のどこかに刺さったりしてしまうので危険です。

▼売却をする▼
捨てるのではなく、売却するという方法です。自分にとっては価値がないものでも、買いたいという人は世の中にいる可能性があります。上手く売り手と買い手の合意ができれば、互いに得をします。また、それほどの値がつかなくても、運び出す費用を捻出できれば運び出す費用に充てられるでしょうとはいえ、本当に誰も見向きもしないゴミであれば、買い手が見つからないままで時間だけが過ぎてしまいます。

骨董品店で話を聞いてみたりフリマアプリを使っても、売れ残ってしまうようであれば別の方法を試してみるべきです。

▼不用品回収業者に依頼▼
依頼すればすぐに持ち運びだしてもらえて、確実な方法が不用品回収業者に依頼することです。自分が住んでいる地域で営業をしている回収業者ならば、粗大ゴミと違って家まで作業員がやってきて運び出してくれます。階段をもって降りることが難しい品物であれば、ベランダから吊り下げて回収するという方法もあります。

不用品回収業者ならば、一定の量まで定額というプランもありますから、引っ越し等で大量の粗大ゴミが出るときには頼りになります。もちろん、無料でやってくれるわけではなく、相応の費用を負担することになるでしょう。なので、依頼をする前には見積もりを作成してもらい、法外な料金を請求しないか確認しましょう。複数の回収業者から見積もりをとっておけば、比較検討で手頃な料金のところに任せられます。

不用品回収業者の粗大ごみ回収費用相場はいくら?

▼単品回収の場合▼
大型のもので、例えばベッドで安いところあれば1,000円以下、高くても1万円以内に収まる事が多いです。自治体に粗大ゴミで出すとなれば、フレームだけで1,000円から2,000円程度ですから、金額的にはかなり負担が増えます。

テレビであれば2,000円から5,000円というくらいが目安ですが、資源として再利用できる回収業者では無料で引き取ってくれるところもあります。そういうところを探せば、費用の節約になるでしょう。ソファーだと大きさがいろいろとありますが、5,000円〜で引き取りしてくれます。

▼積み放題プランを利用してみる▼
不用品回収業者ならではのサービスとして、積み放題プランがあります。2トントラックや4トントラックに入る分だけ同一金額になるというサービス内容です。大量に不用品を出すならば、積み放題プランを活用することでお得に粗大ゴミを処分できます。

では、その料金はどのくらいなのかというと業者にもよりますが、2トントラックで回収をするときに作業スタッフが1名つくと4万円前後にはなります。大きい荷物が多く作業スタッフが足りないというときには、もう一人追加するプランにすると良いでしょう。そうなると、料金が1万円から2万円程度は割増になります。これは単身世帯であれば十分な量ですから、社会人になる学生が大学生活で使ったものを処分するとか、結婚をするときに新居に入らない家具や家電を処分したいと言うときには最適です。

夫婦・子どももいるファミリー層ならば、4トントラックに作業スタッフ2~3名がつくプランがよいでしょう。また遺品整理などで家にあるものをすべて処分するといったときも、4トントラックがあれば対応が可能できます。費用の相場は、5万円から8万円くらいが多いです。

【まとめ】

普通ゴミと違って処分に手間と費用がかかる粗大ゴミは、多くの人にとって悩みの種です。また自治体にお金を払って回収してもらうにしても、大きなものだと家から運び出すことが難しいのが問題です。細かく分解したり売却したりといった方法がありますが、それもそれなりに手間がかかり一歩間違えれば怪我する恐れもあって危険です。

その点、不用品回収業者に任せれば、粗大ゴミがどれだけ大きくても家からの作業員が持ち出してくれるので手間はかからず危険な目にあうこともありません。単品での回収と積み放題プランでは料金の設定が異なるので、粗大ゴミの量に合わせて頼むことで費用の節約も可能です。

さらに手軽に持ち運べるものであれば、自治体に安く回収を依頼したり売ってお小遣いに出来るので上手く回収業者とサービスを組み合わせることで節約ができてお得です。回収業者は数え切れないほどありますから、ネットで検索したり、家の近くにある回収業者のところに話を聞きに行くなどして一番信頼できるところを探しましょう。

ゴミナビで業者を探そう!

家電、家具や大量の服など一度にまとめて捨てたい不用品がある方には不用品回収業者への依頼がお得です。不用品回収を頼む時は悪徳業者のリスクや費用比較の面倒さが付きまとうと考えられてしまいがちですが、そういった不安はゴミナビ!なら一切ありません!

粗大ごみや家電製品の不用品回収を業者にお願いする時は見積もり内容をよく確認するようにしましょう。
ネット見積もりだけでなく現地見積もりもお願いすること、見積もりの詳細を確認して分からないことは業者に質問することで良い不用品回収業者を選べます。

また一つの業者だけに見積もり依頼するのではなく一括見積りを取るのがポイントです。
複数の業者にまとめて依頼することで見積り依頼の時間を短縮できますし費用の節約にもなります。
ゴミナビ!は無料で一括見積りがすぐに取れるのでぜひ使ってみてください。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

不用品回収に関する仕組みや考察などは
お得な不用品回収の情報や知られていないポイントまで、ぜひ業者選びのご参考にしてください。

前のページに戻る

バックナンバー

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話