不用品回収ここだけの話

断捨離のすすめ

Posted by 2021.10.22 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときには、実際に部屋が片付くだけでなく、気分まですっきりリフレッシュすることができる断捨離を行うのがおすすめです。

今回は、具体的な断捨離の手順をご紹介するとともに、あらかじめ押さえておきたい注意点もピックアップしていきますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

物を全部捨てたい!断捨離するメリット

「断捨離って、ただ物を全部捨てるだけでしょ?」と思っている方も多いかもしれませんが、その「捨てる」というシンプルな行動の先には実はたくさんのメリットがあります。まずは、断捨離によってもたらされる嬉しいポイントから見ていきましょう。

片付けの手間が減り自由な時間が増える

断捨離をすれば、家の中にある物の数自体が少なくなるため「部屋が散らかる」状態になる頻度もグッと減ります。部屋が散らからなければ掃除の手間もだいぶ節約できますよね。これまで片付けに追われていた時間を丸々自由に使えるようになりますよ。

余計な物を買わなくなりお金が貯まる

全部ものを捨てると、部屋の中にあるものを置ける場所を把握することができます。すると、なにか新しいものを買うときに置き場所があるか、と考える習慣が身につきますので、収納場所がない部屋を散らかしてしまうものを購入しにくくなります。その結果、無駄遣いもなくなりお金が貯まれば一石二鳥です。

スッキリしてポジティブになれる

部屋が散らかっていると常に掃除しなければいけない、という思いを持ち続けて過ごすことになってしまいます。やらなければならないけれども、なかなか手を付けられないという状態は、知らず知らずのうちに気分を重くさせてしまうものです。一度全部捨ててしまえば、気分も軽くなり、ポジティブな気持ちで日々を過ごすことができるようになります。

多くのメリットを得られる断捨離ですが、やり方を間違うと思わぬ後悔を招いてしまうこともあります。気を付けたいポイントをまとめてご紹介していきますので、ぜひ事前に目を通しておいてくださいね。

全部捨てきる

いざ取り組み始めると、家の中にはいらないものが想像以上にたくさんあるものです。全部捨てようと思って取り組み初めても、途中で挫折することがたくさんありますが、これでは意味がありません。明日やろう、来週やろう、と思っているうちに年末を迎えてしまうものです。やるときめたら、時間を取ってやり切ることが最重要です。

必要なものまで全部捨ててしまう

「全部捨てたい!」という勢いに任せてあれもこれも処分しているうちに、本来必要なものまで一緒に捨ててしまった…というのは、最もよくある断捨離の失敗パターンです。処分の際には「本当に捨てても大丈夫?」と自問自答し、1つ1つのアイテムを慎重に確認しましょう。

捨ててしまうと後悔しがちな物

中には、慎重に考えて捨てることを決めたのに、「やっぱり残しておけば良かった…」と後悔するようなケースもあります。

洋服

洋服を捨てる理由には「好みが変わったから」「サイズが合わなくなったから」など様々なものがあるかと思いますが、このうちサイズが原因で処分を決めた場合は、また体型が元に戻ると「あのとき残しておけば今着られたのに…」と後悔しやすい傾向があります。ダイエット中などで体型が変わるかもしれないタイミングでは、洋服の断捨離を後回しにするのもひとつの方法です。

パソコンやスマホ

パソコンやスマホを処分すると、保存した写真や動画、書類などの電子データも併せて捨てることになります。バックアップを取ったつもりでももう一度確認して本当にすべて保存できているのか確認してください。

思い出に残っている物

アルバム写真や手紙、友達からのプレゼントなど、思い出の品も捨ててしまうと後からは取り戻すことができません。その思い出を共有している相手から「なんで捨てちゃったの!?」と責められる可能性もあるため、処分の前にコンパクトに収納する方法がないのか再度検討してみてください。

毎日捨てるルールを設ける

たとえば「1日1個でもいいから何か捨てる」というルールを実践していけば、1ヶ月で30個、1年で365個ものアイテムを部屋から処分することができます。また下記のようなルールを自分で決めていくのも良いと思います。

本やCDは電子データとして購入する

今は本も音楽も映画も、その気になればすべて電子データで購入することが可能です。こういった電子データを活用すれば、部屋の物を増やさず趣味を楽しむこともできるでしょう。

捨てた物を記録する

捨てた物を、断捨離の成果として記録しておくのもおすすめの方法です。何か新しいものを購入したくなったとき、このリストを見返すことで「前にも似たようなものを買って、結局使わなかったのだった」というような気付きを得ることができます。

不用品回収業者なら手っ取り早く断捨離可能

断捨離で処分したいものが大量に出てきたら、普段のゴミの日に小分けにして出すよりも、不用品回収業者へ依頼して全部捨ててしまうほうがずっとスムーズです。自治体によっては、一定の容量を超えると普段のゴミにそのまま出すことができず、別途有料となってしまうこともありますので、同じ費用をかけるなら、自分で集積所まで運ばなくても自宅まで回収に来てくれる業者を活用する方が手間もかからないでしょう。

煩わしいゴミの分別も業者に任せれば楽チン!

自治体が実施しているゴミの回収は分類のルールが細かく、分類によって出せる曜日も異なるため、1度に全部を捨てたいときには何かと煩わしいものです。一方、不用品回収業者なら1度の依頼ですべてのゴミを一気に引き取ってくれるので、ゴミ出しのルールに悩むことなく手っ取り早く処分することができます。

不法投棄や高額請求する悪徳業者に注意

ただし業者の中には、引き取った不用品を不法投棄したり、広告に記載されていた金額よりもだいぶ高額な請求を行ったりする悪徳業者も存在するため、注意が必要です。依頼の際には「一般廃棄物収集運搬業許可」を受けている業者を選ぶようにしましょう。

安く依頼するなら相見積もりがおすすめ

回収料金を少しでも安く抑えたいときには、複数の業者から相見積もりを取るのがおすすめです。同じ作業内容であれば料金がリーズナブルなほうがお得ですので、最低でも2~3社から見積もりを取って、結果を比較してみてください。

家具や大量の服など一度にまとめて捨てたい不用品がある方には不用品回収業者への依頼がお得です。不用品回収を頼む時は悪徳業者のリスクや費用比較の面倒さが付きまとうと考えられてしまいがちですが、そういった不安はゴミナビ!なら一切ありません!

粗大ごみや家電製品の不用品回収を業者にお願いする時は見積もり内容をよく確認するようにしましょう。
ネット見積もりだけでなく現地見積もりもお願いすること、見積もりの詳細を確認して分からないことは業者に質問することで良い不用品回収業者を選べます。

また一つの業者だけに見積もり依頼するのではなく一括見積りを取るのがポイントです。
複数の業者にまとめて依頼することで見積り依頼の時間を短縮できますし費用の節約にもなります。
ゴミナビ!は無料で一括見積りがすぐに取れるのでぜひ使ってみてください。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

不用品回収に関する仕組みや考察などは
お得な不用品回収の情報や知られていないポイントまで、ぜひ業者選びのご参考にしてください。

前のページに戻る

バックナンバー

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話