不用品回収ここだけの話

東京に観光へ来た人が注意しなくてはいけないこと

Posted by 2022.06.27 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

久しぶりの東京観光の前に…

新型コロナウイルスも徐々に落ち着いてきつつあり、読者の皆さんの中にも、家族や友人と旅行に行く計画を練っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

観光を楽しむ前に、皆さんが知っておかなくてはならないルールがあります。

それはごみのルールです。

基本的にホテルに泊まる予定である人はあまり気にして生活することはないかもしれません。

しかし、ワーケーションなどで長期滞在をする予定の人や、連泊をする人などはごみ捨てのルールも知っておいて損はないかもしれません。


ゴミ出しルールは?

東京都のごみ出しルールは複雑ではありません。

しかし、面倒なことに区によって独自のルールが異なっているのが特徴になります。
例えば最初は港区に宿泊していて港区のゴミ出しルールに従っていたが、移動したことによって今度は新宿区のルールに従う必要になるというようなイメージです。

場所によっては普通のゴミ袋ではごみを出すことはできず、自治体が指定したゴミ袋のみしかゴミ出しができないということもあります。

また、東京都はごみの処分方法として最終的には埋め立てをする方式をとっています。
つまりは、埋め立てる土地がなくなってしまうと次なる処分をどのようにするのかを考えなくてはならないということです。

現在、この問題は深刻化しており、あと数十年で埋め立てる土地が枯渇してしまうとも言われています。

私たちにできること

私たちが今できること、それはなるべくゴミの量を減らすことです。
例えば、ペットボトルの消費量を減らし、マイボトルを持つことや、お土産用の袋をもらうのではなく、なるべくもらわなくても人に渡せるものを考えるなどの工夫が必要になってきます。

もちろん観光に来た人たちだけではなく、東京都に住んでいる人々が一丸となって取り組まない限りはこの問題はどんどん深刻化していく一方です。

まとめ

今回は東京に観光に来られる予定の方でもゴミのルールを少しでもわかってもらえるように記事を書きました。

今自分たちにできる、ゴミの量を減らすという取り組みは、何も無駄遣いをやめるだけではありません。

中古ショップに自分が使っていたものを売るのもそうですが、足を運んで中古ショップで物を買うこともリユース活動の一種になります。

皆さんも環境を意識した生活、観光を心がけてみてはいかがでしょうか。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、神奈川、埼玉、千葉の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話