不用品回収ここだけの話

世田谷区で小学生の時に使っていたものはどうするが吉?

Posted by 2022.07.21 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

小学生の必需品といえば?

ランドセルに黄色い帽子に防犯ブザー、よく見る小学生の姿ですよね。

でも小学生といえば、なぜかよくわからないけどボールペンが禁止だったり、シャープペンシルが使えなかったりしませんか?

そうなると、小学生の時にしか使わないもの、例えば、赤青鉛筆や鉛筆、工作セットや算数セットなど中学校に上がってからは使用しないものが多数あります。

しかし、小学校の時にしか使わないものをいつまでも取っておいても活躍の場が来るときはなかなかありません。

また、下のお子さんのためにとっておいたとしても下のお子さんがその年齢になるときには新しいものを買う必要が出てきます。

この話を聞いて、ご自宅にお子さんやご自身が小学生の時にしか使用していないものが保管されているときは、もしかするとあなたは溜め込み症を抱えているかもしれません。

溜め込み症とは?

溜め込み症とは、俗にいうものが捨てられない人のことです。

ゴミ屋敷と呼ばれるゴミがたくさん溜まってしまったところで生活をしている多くの人は溜め込み症であるといわれています。

ものに囲まれていると落ち着く、昔使っていてもう使わないのを知っているものでも取っておきたいそんな衝動に駆られる人は、溜め込み症の可能性が高いです。

例えば、コンビニで買った袋が捨てられなくて何個も取っておいている人や、購入したお弁当についている輪ゴムをすべて取っておいているという人は溜め込み症と診断される可能性が高いです。

溜め込み症になってしまった場合、自然に治るということはありません。大抵は症状が悪化し、ゴミ屋敷を生み出してしまうケースです。

治療を始めるためには、まずは、ご自宅にあるものを捨てましょう。

ゴミ屋敷の清掃については、自分だけで行うのはハッキリ言うと無理です。

そのため、親せきを呼んだり、家族に手伝ってもらったりするのが無難な方法と言えます。

それでも難しいという場合は、ゴミ屋敷清掃の業者に依頼をしましょう。

プロの視点でアドバイスをもらえて且つ、短い時間であっという間に掃除をしてもらえます。

まとめ

冒頭の話にはなりますが、小学生の時にしか使用しないものが溜まっているという人は、ゴミ屋敷清掃の業者に依頼しても良いかもしれません。

そんなにたくさん出すごみはないという人は、不用品回収業者に不要なものをすべて一度に引き取ってもらいましょう。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上! 日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、 日本全国はもちろん東京、神奈川、埼玉、千葉の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話