不用品回収ここだけの話

熊本県の環境に関するプロジェクト

Posted by 2022.05.23 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

皆さんは、お住いの地域の環境センターや、環境に対する取り組みをしている施設を訪れたことはありますか?

学校の行事や、地域の活動、あるいはボランティアの一環で見学したことがある人もいるかと思います。

今回は、熊本県の環境センターの常設展示のリニューアルのお話から国立公園満喫プロジェクトまで熊本県の環境に関するプロジェクトを幅広く紹介したいと思います。


・熊本県環境センター常設展示のリニューアル

なぜ、リニューアルをすることになったのか、まずはその真意に迫りたいと思います。
結論から申し上げると、熊本県環境センター常設展示リニューアルの理由は、内容の陳腐化と機械の老朽化です。

熊本県環境センターの開設は、今から29年前の1993年の8月です。
熊本県では、過去の水俣病の悲劇を二度と繰り返すことのないよう、人々に環境問題について学び、考えてもらうことを目的に、情報発信と環境教育を熊本県内外・国外に向けて活動を続けています。

熊本県環境センターでは「学ぶ・感じる・体験する」をキーワードに地球温暖化等の環境講和だけでなく、廃材を利用した制作体験、環境問題に関する常設展示や図書館の管理・運営を行っています。

そして2017年に二度目のリニューアルを果たしました。
リニューアル後は、2016年に発行されたパリ協定を踏まえて、地球温暖化問題に関する内容を充実させ、幅広い年齢が学びを得られるような作りに変更しました。

今後の展望としては、持続可能な開発のための教育の理念を大切に環境学習・情報発信の拠点として活動をしていくことを掲げています。

・国立公園満喫プロジェクトとは?
まずそもそも国立公園満喫プロジェクトとは何なのでしょうか。
これは2016年に観光ビジョン構想会議が取りまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」の柱の一つとして国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてのブランド化を掲げ、オリンピックまでに訪日外国人を引き付ける取り組みを実施させ、国立公園利用者を増加させようという取り組みです。

全国モデル箇所の一か所として選定された「阿蘇くじゅう国立公園」では、草原の維持・再生をはじめとした上質な景観保全を図るとともに、多様な宿泊施設の確保などによるインバウンドや滞在客の増加を図ることとしています。

このプロジェクトは、オリンピックの無観客実行により当初の目的である訪日外国人の獲得を達成することは出来ませんでしたが、今後コロナ禍が緩和されることで取り組みの成果が表れることと思います。

今回は、熊本県の環境に関するプロジェクトを紹介しました。

皆さんもご自身でできる環境へ対する取り組み、分別、リサイクルはもちろん、不用品回収業者への依頼なども行ってみてください。

熊本県にお住まいの皆様!
熊本県内ですぐにたくさんのゴミを捨てたい!売りたい!それならゴミナビ!
ゴミナビ!登録業者は9,000社以上!ゴミナビの口コミ件数20,000件を突破!
東京、横浜、名古屋、大阪、福岡の不用品回収・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取、便利屋などの業者の評判・口コミ・相場をご紹介!
熊本県で不用品回収業者・不用品買取業者を探そう!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話