不用品回収ここだけの話

行政(市区町村・自治体)と民間の不用品回収の違い

Posted by 2016.06.01 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

 行政で回収してもらうのが良いのか、民間の不用品回収業者に回収してもらうのが良いのか、それぞれメリット、デメリットがありますが、ほとんど利用をしたことのないユーザーからはわかりにくいと思います。

そこで、行政と民間業者の不用品回収・粗大ごみ回収の違いをご紹介いたします。

行政(市区町村・自治体)の粗大ゴミ回収

 行政の回収は日常的なごみの収集とスポットで依頼する回収の2種類があります。不用品として処分する場合は、主にスポットで粗大ごみとして回収を依頼するケースがほとんどだと思います。行政の回収の場合は、事前に電話やネットで予約し、回収物の大きさ、個数などを伝えておく必要があります。その後粗大ごみ券などをコンビニなどで購入し、回収物に貼っておく必要があります。そして、大きな特徴といえるのが、回収物を外に出しておかなければいけないという点です。また、当日急遽追加をしたいなどの対応はできないのが難点です。

 ポイント:行政は融通が利きにくいが、安く処理ができる

民間の不用品回収

 不用品回収業者の回収の場合は、ほとんどの不用品を回収してくれます。また、スケジュールや物量の変動などについても柔軟に対応するケースがほとんどです。ただし、回収物がまとまっていない、搬出距離が長いなどのケースでは費用がかさむことがあります。

 ポイント:民間は柔軟なサービスが受けられるが、行政と比べ数倍の費用が掛かる


行政と民間の不用品回収業者の違いは大まかに以下の違いがあります。

回収できる日時などの違い

 [行政(市区町村・自治体)の粗大ゴミ回収]
 ・土日を除く予約が入れられる日に回収。朝8時頃までに外に出しておくのが一般的。回収されるのは大よそ3日~2週間程度。

 [民間の不用品回収]
 ・土日を問わず対応。当日回収から対応

回収できるもの・できないもの

 [行政(市区町村・自治体)の粗大ゴミ回収]
 【回収できるもの】
 ・粗大ごみ(概ね1辺が50cm以上)、生ごみ、使用済みおむつやその他不用品は日常のごみ

 【回収できないもの】
 ・リサイクル家電、PC、分別がされていないゴミ、消火器、タイヤ、液体類、土、袋詰めされていないゴミ、金庫など

 [民間の不用品回収]
 【回収できるもの】
 ・リサイクル家電、PC、粗大ごみ、分別がされていないゴミ、袋詰めされていないゴミ、金庫、取り外しが必要なエアコン、仏壇など

 【回収できないもの】
 ・液体、生ごみ、医療関係の廃棄物、中身の入った缶詰、ビン類など

 ポイント:分別されていないもの、行政が回収しないものなどがある場合は民間がおススメ。

回収作業の違い

 [行政(市区町村・自治体)の粗大ゴミ回収]
 原則的に自宅の外に回収日の8時頃までに搬出しておくことが条件。

 [民間の不用品回収]
 室内にそのままの状態から対応。分別作業や梱包作業、搬出作業も含めたサービスを提供。

 ポイント:自分で分別して梱包して、外に出せる場合は役所の利用ができます。

料金は数倍~10倍以上違うことも

 [行政(市区町村・自治体)の粗大ゴミ回収]
 粗大ごみ回収の場合、1点あたり200円~2,000円程度。自分で外に出さなければいけない分、作業代などもかからない。2tトラック1台分でも1~2万円程度。

 [民間の不用品回収]
 重量、個数、体積などできまります。2tトラック1台換算で40,000円~80,000円くらいなので、4倍くらいの価格差があります。

ポイント:行政は税金で運営されていることと、建物内、敷地内の作業をしない分費用が安い。

前のページに戻る

バックナンバー

不用品回収ここだけの話