不用品回収ここだけの話

埼玉県熊谷市 お出かけの際は服の色に注意!!

Posted by 2022.08.17 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

日本で1番暑い場所

今年の夏は異常気象の日々が続いています。
10年前を振り返ってみると、真夏の気温を調べてみると、最高気温こそ33度程度の暑い日もあるものの、その日の最低気温は24度と昼夜の差が今よりも幅広く、夜は過ごしやすい日々だったということがわかります。

しかし、現在は連続して暑い日が続くだけでなく、夜の気温も高いため1日を通して気温が高く、クーラーなしでは生活ができないと言っても過言ではありません。

埼玉県熊谷市といえば日本で1番暑い場所としても有名で、2018年7月23日に最高気温41.1度を観測し、日本の最高気温ランキングでは一位となっています。

そんな暑い日が続いていますが、今回はみなさんが少しでも涼しく日々を過ごせるような記事を書いていきたいと思います。

少しでも涼しく過ごすためには?

ご自宅の中で涼しく過ごしたい!そんなあなたにお勧めなのは、クーラーとサーキュレーターの二刀流です。電気代が気になる人は、クーラーの設定温度を少し高めに設定してサーキュレーターを回してみてください。

部屋中に冷風が回るようになって前よりも少し快適に過ごせるようになったはずです。

また、視覚的なものにはなりますが、赤や黒よりも青や白の方が涼しく感じられるというのはご存知ですか?カーテンの色や自宅の壁紙の色を意識して変えてみると良いかもしれません。

次に外で涼しく過ごすための方法を紹介します。
まずは、ハッカの香りのスプレーや汗拭きシートなど香りで少し涼むことができるアイテムを用意するのをお勧めします。

そして何より重要なのは洋服の色です。
国立環境研究所の実験の結果に基づくと、黒色、緑色、紫色、濃い青色は5分間日光に当てただけで、表面の温度が45度を超える部分が多くみられました。

その一方で白色と黄色は表面の温度が30度前後日光に当てても表面の温度の変化が見られにくいことがわかりました。

このことから真夏の外に出かけるのに適している洋服の色は白色と黄色ということがわかりました。

みなさんもお出かけの際は参考にしてみてください。

まとめ

今回は日本で1番暑い気温を観測した埼玉県熊谷市を中心に真夏を最適に過ごすための方法を紹介しました。

この記事をきっかけに夏服の整理整頓も行ってみると良いかもしれません。
大量に出た着ることがなくなった洋服は不用品回収業者あるいは不用品買取業者に依頼をして綺麗さっぱり無くしてしまうことをお勧めします!

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上! 日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、 日本全国はもちろん東京、神奈川、埼玉、千葉の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話