不用品回収ここだけの話

福岡の遺品整理業者の実際の見積もり料金・口コミ比較!

Posted by 2019.09.20 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

福岡県やその近郊で遺品整理をしなければいけなくなった場合、遺族は良い計画と準備をして遺品整理を始めなければいけません。
とはいえ遺品整理が初めてという人にとっては、どんな事を意識したらいいか、業者に代行してもらう場合はどんな注意が必要か、いくらぐらい費用がかかるかなど分からない事だらけですよね。

そこでこの記事では福岡で遺品整理を始める場合に役立つ情報を徹底的に解説していきたいと思います。

福岡県の遺品整理業者の実際の料金相場を公開!

福岡県は九州地方を代表する県で2017年時点で人口は約511万人もいます。
人口の多さに伴って遺品整理サービスを提供する業者も多いです。
実際「遺品整理士認定協会」には、2019年7月時点で10の特別賛助会員企業と25の一般会員企業とが登録されています。
この遺品整理業者数は他の九州地方の都道府県と比較してダントツに多い数字です。

日本には現在約9,000の遺品整理業者がいると言われていますが、福岡県には上記の企業も含めてかなりの数の遺品整理サービスを提供する業者がいると考えられます。
そのため遺品整理を業者に代行してもらう時には、遺族はどこに作業を依頼するかという点を慎重に考える必要があります。

業者が良心的な作業をしてくれるかどうかという点はもちろん、どれくらいの費用で作業してくれるかも大事なポイントです。
遺品整理のケースは様々にありますが、中には遺族が自分たちでは整理しきれないために業者に頼む必要があっても、資金面で余裕があまりないので業者に依頼するのが不安な場合もあるでしょう。

ですから遺族は特定の業者とすぐに契約を交わすのではなく、まずは作業費用の相場を調べたり見積もりを複数の企業から取ったうえで契約先を考えるのがベターです。
そこでまずは福岡県で実際にあった遺品整理の見積もり事例を紹介したいと思います。
データはゴミナビ!のものを使いますが、以下の5つのパターンの実例を見ていきましょう。

□軽トラ搬出の場合
□少量の遺品回収の場合
□大型の遺品回収(作業員2名の場合)
□2トン車での遺品回収(3階、階段搬出の場合)
□2トン平車での遺品回収(作業員2名、階段搬出の場合)

それぞれのケースはネット見積もり依頼に対する複数の業者の回答を反映しています。

見積もり料金の実例1:軽トラ搬出の場合

まずは軽トラサイズで遺品を搬出する場合のケースを見てみましょう。
一般的に遺品整理では遺品の仕分け作業から行いますが、不用品とされたものは業者に引き取ってもらったり処分してもらったりします。
遺品の搬出には車両が必要ですが、よく使われるのは軽トラックと2トンサイズのトラックです。見積もり依頼の詳細は以下の通りです。

見積もり内容
冷蔵庫×1、洗濯機×1、ガス台×1、
押し入れ本棚(70cm×70cm×70cm)×1、PC×2、モニタ×1
・アパート2階
・エレベーターなし
・敷地内駐車場あり(2トン車程度なら駐車できるとおもいます)

この依頼に対しては5つの業者から回答がありました。

【業者A】
■■■費用■■■
20,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出と運び出しの費用と2tトラックの回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
●見積期限
 12/11までです。
●対応可能な日時
 12/17-21対応可能です。
●キャンセルについて
 依頼成立後のキャンセルは見積金額の20%のキャンセル料が発生致しますので予めご了承下さい。
 【3日以前】税込見積金額の20%のキャンセル料
 【2日前】税込見積金額の25%のキャンセル料
 【前日】税込見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料,


【業者B】
■■■費用■■■
30,240円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 スタッフ1名でお伺いしますので一人で持ち運びできない物はお手伝いをお願いします。
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出と運び出しの費用と2tトラックの回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
●見積期限
 12月13日
●対応可能な日時
 12月17日以降で相談
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】税込見積金額の25%のキャンセル料
 【前日】税込見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料


【業者C】
■■■費用■■■
15,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出と運び出しの費用と軽トラックの回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
●見積期限
 12/9(日)~12/11日(火)迄
●対応可能な日時
 12/17(月)から12月21(金)
●キャンセルについて
 【3日以前】税込見積金額の20%のキャンセル料
 【2日前】税込見積金額の25%のキャンセル料
 【前日】税込見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料


【業者D】
■■■費用■■■
30,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
●見積期限
●対応可能な日時
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】
 【当日】


【業者E】
■■■費用■■■
18,360円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 画像のお品お引取り 作業料金込みのポッキリ価格となります。
●見積期限
 2018年12月14日
●対応可能な日時
 お客様希望日にてご相談。
 ご対応可能です。
●キャンセルについて
 【3日以前】40%
 【2日前】60%
 【前日】80%
 【当日】100%
 ※元大手からの独立、安価で高品質に自信あります! 是非、ご検討宜しくお願いします。

(ゴミナビ!データ参照)

見積もり内容には冷蔵庫や洗濯機などのリサイクル家電が含まれているので、ある程度サイズも大きい遺品回収作業になります。
しかし回収する遺品の点数はそこまで多くないので、どの業者も30,000円以下の見積もり内容になっています。
安い所では15,000円の見積もり価格が提示されていますが、この費用に回収費用や階段搬出、軽トラック回収費用などが含まれています。

ネット見積もりをした後は気に入った業者に現地見積もりをしてもらって最終的な金額を算出してもらうのがベターですが、この場合は業者A、C、Eが安いので現地見積もりを依頼する候補として有力と言えるでしょう。

なお見積り依頼を見ると、遺品整理現場はアパートの2階でエレベーターがないので階段搬出になることが分かります。
詳しくは後述しますが、1階より2階から運び出す方が手間がかかるので費用は少し高めになります。
またこのケースでは駐車場が敷地内にあるので作業が楽になりますが、もし離れたところにしか駐車できないという場合も見積もりはこれより高くなる可能性があります。

見積もり料金の実例2:少量の遺品回収の場合

続いて回収するものが数点しかないというケースを見ていきましょう。

見積もり依頼の詳細は以下の通りです。

見積もり内容
・32型液晶テレビ
・100L位の一人用冷蔵庫
・自転車

この依頼に対しては5件の業者から回答がありました。

【業者A】
■■■費用■■■
14,040円
---------見積もり詳細---------
この度はお見積もりのご依頼を頂きありがとうございます。
ご連絡頂きました内容にて、御見積りをさせて頂きます。
最後まで内容をしっかりお読みになりご検討下さい。
お申し込みのタイミングが遅くなる場合などは予約状況に変動がございますので、早めにご検討頂ければと思います。
追加物が出る可能性がある場合は当日でも承れます。
お世話になります。ご検討宜しくお願い申し上げます。
【概算お見積金額】 ¥13,000(税別)
※基本的に大きく変動する事はございませんが、ご連絡頂いている内容で相違やご不明な点がある場合は、分かる範囲のお見積りとなりますので、実際の料金は減額または増額になる可能性もございます。
現地確認後に正確な料金をご提示させて頂き、ご納得頂いてからの回収となりますので予めご了承ください。
【内容詳細として下記を含む金額となっております】
●出張費
●エアコン標準取り外し作業(ある場合)
●搬出作業
●ベッド分解・洗濯機取り外し作業等(ある場合)
●階段作業(予め記載がある場合に限ります。)
●回収作業 【以下の場合は追加料金またはお断りとなる場合がございます】
●ご連絡頂いている物で不明な部分がある場合
(サイズや内容、物量、状態など) 例)記載が「ベッド」のみの場合はスプリングマットレスなどは入っておりません。 例)記載が「冷蔵庫」のみの場合は、2ドア以下(単身用)サイズで計算しております。
●ご連絡頂いている物品以外の物品を追加で回収の場合
 注)ご連絡頂いている物品が減った場合は減額になる場合がございます。
●エアコンの設置状況が標準以外の場合(エアコン回収がある場合)
●エアコンの穴埋め作業(エアコン回収がある場合)
●階段作業(予め記載がある場合にはお見積りに含まれております。)
●細かい物が袋や箱にまとまっていない場合
●搬出のために吊りや解体などの特殊作業が必要な場合
●他の物が邪魔でそのままでは搬出できない場合
●回収物の内容が確認できない場合
●作業中に車を止めておくスペースがない場合はパーキング代等が別途必要です。
●著しく汚れている場合
●物理的に不可能な場合など
[ キャンセル料について ] 依頼成立後のキャンセルはキャンセル料が発生致しますので予めご了承下さい。
 2日以前:見積金額の25%のキャンセル料
 前日:見積金額の40%のキャンセル料
 当日:見積金額の80%キャンセル料
 ※リサイクル料など記載以外の料金を別で請求する事は一切ございません。
それではご連絡お待ちしておりますので宜しくお願い申し上げます。


【業者B】
■■■費用■■■
9,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 回収費用は9,000円税込、それ以上は発生しません。
●見積期限
 12/8,17:00まで
●対応可能な日時
 12/10,17:00~18:00※お時間はご相談
●キャンセルについて
 【3日以前】無
 【2日前】無
 【前日】無
 【当日】3,000円


【業者C】
■■■費用■■■
8,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 軽トラック1台スタッフ1名でのご対応になります
●見積期限
●対応可能な日時
 12/10,15,17,22
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】
 【当日】


【業者D】
■■■費用■■■
10,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 一名でお伺いしますので、運び出しにお手伝い頂く場合がございます。
●見積期限
 特にありません
●対応可能な日時
 12/10午前中ご対応可能です。


【業者E】
■■■費用■■■
6,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用と運び出しの費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
●見積期限
 本日より3日間
●対応可能な日時
 12月10日、12月17日
●キャンセルについて
 依頼成立後のキャンセルは見積金額の20%のキャンセル料が発生致しますので予めご了承下さい。
 【3日以前】税込見積金額の20%のキャンセル料
 【2日前】税込見積金額の25%のキャンセル料
 【前日】税込見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料


(ゴミナビ!データ参照)

安い所では6,000円で高い所では14,040円という結果になりました。
また他の3社は9,000円前後の見積もり価格を出してきています。
この依頼のように少量しか回収するものがない場合、業者間の差はさほど大きくはありません。
それは回収作業をイメージしやすいからです。

このケースではテレビと冷蔵庫と自転車という3点だけの回収ですが、テレビであれば32型、冷蔵庫なら100Lと大きさの詳細が記載されているので、業者としても必要な車両や作業員、時間などを比較的簡単に算出できます。
ネット見積もりとはいえ、このような分かりやすい依頼だと現地見積もりに近い見積もり内容を出してもらいやすいでしょう。

ですからもしネット見積もりの段階である程度リアルな費用を知りたい場合は、できるだけ詳細な見積もり依頼を出すことが大切です。
ゴミナビ!では文章だけでなく写真を送って見積もり依頼ができるのでそれを利用すると便利です。

見積もり料金の実例3:大型の遺品回収(作業員2名の場合)

遺品には様々な種類がありますが、素人にとって搬出が難しいのが大型サイズの遺品です。
以下のケースでは2点しか回収する遺品がありませんでしたが、どちらも大型サイズのものでした。

見積もり内容
折り畳みソファーベッド 洋服ダンス
4階 エレベーター有り

この依頼に対しては5件の業者から以下のような回答がありました。

【業者A】
■■■費用■■■
18,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 2名派遣、総額になります。
●見積期限
 一週間
●対応可能な日時
 5月1日 午前、午後
 5月2日 午前、午後の対応可能です。
●キャンセルについて
 【前日】可能
 【当日】日時変更のみ可能
 よろしくお願いいたします。


【業者B】
■■■費用■■■
20,000円
---------見積もり詳細---------
2万円で回収可能です。
よろしくお願いします。


【業者C】
■■■費用■■■
30,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 2名作業、3万円 処分費、出張費全て込みです。
●見積期限
 5日
●対応可能な日時
 5月7日
●キャンセルについて
 【3日以前】0
 【2日前】0
 【前日】50
 【当日】100


【業者D】
■■■費用■■■
15,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積り内容には、入力された物品の回収費用、運び出しの費用、トラックの回収費用が含まれます。
 作業内容が変わった場合は、料金が変わります。
●対応可能な日時
 5/2午前、午後 5/7午前、午後 5/8午前、午後
●キャンセルについて
 依頼成立後のキャンセルは見積もり金額の20%のキャンセル料が発生しますので、ご了承下さい。


【業者E】
■■■費用■■■
28,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出と運び出しの費用と回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
 見積期限5月15日まで
●対応可能な日時
 5月1日は夕方、2日午後
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】
 【当日】


(ゴミナビ!データ参照)

作業費用の幅は15,000円~30,000円となり、最安業者と高い業者では2倍の差となりました。
業者AとCを比較すると、どちらも作業員は2名と記載されていますが見積もり費用は12,000円も差がついています。
このように業者によって同じような作業内容でも金額の差が開くことがあるので、ゴミナビ!で相見積もりを取ると節約になるのが分かります。

見積もり料金の実例4:2トン車での遺品回収(3階、階段搬出の場合)

今度は遺品の量も搬出環境も少し難易度があがるケースを見てみましょう。
見積もり依頼の詳細は以下の通りです。

見積もり内容
・洗濯乾燥機SHARP ES-TX72
 60cm×65cm×102.5cm 43㎏ 2013年製
・冷凍冷蔵庫 ハイアールJR-NF232A 232L
 592㎜×625㎜×1499㎜ 54㎏
・テレビ台
・食器棚
・都市ガス用ガスレンジ
・電気炊飯ジャー
・トースター
・スローフードクッカー
・圧力鍋
・組み立て式本棚×2
・組み立て式ベッド
・コイルマット小×3=通常シングルサイズ
・布団1組
・組立式小型の机×2
・その他小物家具
■三階建てアパートの三階
■エレベーター無し

この依頼に対する業者の回答は以下の通りです。

【業者A】
■■■費用■■■
81,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出と運び出しの費用と2tトラックの回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
●見積期限
 6/28(金)まで
●対応可能な日時
 7/13(土)午後
●キャンセルについて
 依頼成立後のキャンセルは見積金額の20%のキャンセル料が発生致しますので予めご了承下さい。
 【3日以前】税込見積金額の20%のキャンセル料
 【2日前】税込見積金額の25%のキャンセル料
 【前日】税込見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料


【業者B】
■■■費用■■■
108,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積もりの内容は入力された品物の搬出回収処分とトラックの配送料金などが入ったものです。
●見積期限
 6月22日
●対応可能な日時
 7月13日
●キャンセルについて
 【3日以前】見積もり金額の20%
 【2日前】見積もり金額の30%
 【前日】見積もり金額の50%
 【当日】見積もり金額の100%


【業者C】
■■■費用■■■
54,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件 2トントラック積み放題
 一台54000円になります。
 荷物が増えた場合や2トンにならない分はご相談になります。
●見積期限
 6月25日
●対応可能な日時
 ご希望日の7月13日に可能です。
●キャンセルについて
 一度ご予約の確定のお電話をして 日時を決まって以降のキャンセル料は一律3240円になります。
 人員、車両の確保や 予約確定日は他のご依頼をお断りしている都合もございますのでご了承下さい。
 お見積もり段階での検討の場合などはキャンセル料は発生しません。


【業者D】
■■■費用■■■
165,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 頂いた情報を元に算出
●見積期限
 お見積もり日より1ヶ月
●対応可能な日時
●キャンセルについて
 【3日以前】50%
 【2日前】100%
 【前日】100%
 【当日】100%
 料金につきましては、頂いた情報を元に算出致しました。
 本決まりになりましたら 現地でのお見積もりが必要かと思います。
 ※仕分けや小物がどの位あるのか ※産廃や処理困難物はあるのかなど経験上かかっても30万位かと思います。
 昨今、ゴミの法令厳守が厳しくなっております。
 価格で選ぶ時はお気をつけて下さい。
 不法投棄や他県への持ち込みなどお客様にも罰則が行くおそれも御座います。
 何卒、よろしくお願い致します。


【業者A】
■■■費用■■■
65,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 なし
●見積期限
 1週間
●対応可能な日時
 今月中
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】二日前
 【当日】


(ゴミナビ!データ参照)

搬出する遺品の中には洗濯乾燥機や冷凍冷蔵庫などのリサイクル家電やその他の家電、ベッドや本棚などの大型回収物などが含まれていますが、遺品の量が異常に多いというわけではありません。
しかし見積もり費用は54,000円~165,000円という結果になりました。
安い業者と高い業者では約3倍の開きが出ています。

業者Cが突出して安いですが、見積もり詳細を見るとその理由が「積み放題」プランが提示されているからだということが分かります。
積み放題プランとは軽トラックや2トントラックなどに入るだけ回収品を詰めて搬出するというプランで、遺品の量がそれなりに多い場合にはお得なプランになります。
もし搬出量がトラックの積載制限内であれば業者Cはかなりお得な業者ということになります。

ただし繰り返しますが、これはネット見積もりなので最終的な費用ではありません。
業者Cのコメントにもあるように、荷物の量が増えた場合や2トントラックに収まりきらない場合は費用が見積もりよりも多くなる恐れがあるので、必ず現地見積もりも合わせて行うようにしましょう。

見積もり料金の実例5:2トン平車での遺品回収(作業員2名、階段搬出の場合)

最後に2トントラックが必要となるケースをもう一つ見てみましょう。
依頼内容は以下の通りです。

見積もり内容
洗濯機 冷蔵庫、チェスト、テレビボード、
カラーボックス、食器棚、靴箱、
ハンガーラック、すのこマット
マットレス、ちゃぶ台 木製棚

・3F エレベーター無し
・建物出てすぐ幅10m以上の一方通行道路

この依頼に対して4件の回答がありました。

【業者A】
■■■費用■■■
50,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には入力された物品の階段搬出と2tトラックの回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変更になった場合は追加料金が生じる事がございます。
●見積期限
 7月10日迄です。
●対応可能な日時
 お客様と相談の上決定させていただきます。
●キャンセルについて
 依頼成立後のキャンセルは見積金額に対しての下記割合によるキャンセル料が発生しますので予めご了承ください。
 【2日前】税込見積金額の25%のキャンセル料
 【前日】税込見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料


【業者B】
■■■費用■■■
66,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出と運び出しの費用と2tトラックの回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
●見積期限
 7月15日
●対応可能な日時
 柔軟に対応させて頂きます。
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料


【業者C】
■■■費用■■■
55,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費、階段搬出手間賃と2t平トラックの回収費用が含まれております。
 物品が増えた場合や作業内容が変わったなどがある場合はご相談のうえ追加料金を頂戴する場合がございます。
●見積期限
 6/30まで
●対応可能な日時
 ご相談下さいませ。
●キャンセルについて
 【3日以前】キャンセル料発生しない。
 【2日前】キャンセル料発生しない。
 【前日】税込見積額の30%を頂戴します。
 【当日】税込見積全額を頂戴します。


【業者D】
■■■費用■■■
60,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 見積金額はすべてのサービス込の料金になります。
 基本的に物品が増えた等といった事がなければ追加料金はいただきません。
●見積期限
●対応可能な日時
 いつでも可能
●キャンセルについて
 【3日以前】税込見積金額の20%
 【2日前】税込見積金額の20%
 【前日】税込見積金額の50%
 【当日】税込見積金額の50%


(ゴミナビ!データ参照)

最安が50,000円で高い所が66,000円となりました。
4社のうち3社が2トントラックの利用を予想しているので、どの業者もある程度搬出のイメージが明確にできているのが分かります。
業者間の見積もり価格の差もそれほどなく、素直に最安の業者を選ぶと良いケースと言えるでしょう。

福岡県の遺品整理業者の口コミ情報を教えて!

遺品整理業者を選ぶ上で大事なことのひとつは、業者の評判を事前によく調べておくことです。
実際に作業を依頼した人たちがどのような感想を持ったかが分かると、「その業者なら安心できそう」とか「やめといた方が良いかな」と判断する基準になります。
行った事がないレストランに行くときもまず口コミ情報を調べますよね。
それと同じです。

ゴミナビ!経由で依頼した遺族たちの口コミ情報

では福岡県やその近郊の遺品整理業者に作業代行を頼んだ人たちがどんな感想を持ったか、実際にあった口コミを見てみましょう。

「先日、空き家になっている実家の家財道具の処分に困り相談したところすぐに見積りにきていただき親切に対応してくれました。作業スタッフの方も丁寧で好感がもてました。またなにかあったらお願いしたいです」

「先日、祖母宅の不用品回収、清掃を依頼しました。不用品をどこへ捨てたらいいかわからず悩んでネット検索したところ、ホームページがすごくわかりやすくこちら目線で丁寧でしたので安心して依頼しました。ホームページ通りすごく丁寧に対応していただき安心しました。」

「先日父の遺品整理をして頂きました。従業員さんの迅速な行動、誠心誠意対応して頂きました。本当に助かりました。」

「不用品依頼と聞いたら高いイメージがありましたが、こちらでは追加料金などは一切なく親切に対応して頂き、助かりました!」

このような口コミが多く寄せられている業者であればある程度信頼できる業者と判断できます。

福岡で優良遺品整理業者を選ぶ方法

口コミ情報は優良業者を選ぶのに参考になる情報の一つですが、他にも良心的な業者に出会うためにチェックすべき以下のようなポイントがあります。

◆電話やメールでの応対が丁寧
良心的な会社であれば社員教育が行き届いているはずです。
故人の思い出の品を扱うというデリケートな仕事をしている以上、社員にはやはり遺族への丁寧な対応が求められます。一方優良ではない業者は粗雑な対応をする可能性が高いです。
ですから電話やメールでサービスについて問い合わせをする時に、業者の言葉遣いや態度をよくチェックするようにしましょう。

◆現地見積もりの時の雰囲気が良い
見積もり内容が気に入って現地見積もりを依頼することになったら、直接作業員の雰囲気を観察することができます。
遺品を見ている時や触っている時などにどのような感じか見ることで、実際の作業日の様子をイメージできるでしょう。
もしやる気がないようなそぶりが見られたら、遺品の保護のためにもその業者は避けた方が良いでしょう。

◆見積もりの記載方法が明確
現地見積もりを出してもらった時に、その見積書の内容によく目を通すことが大事です。
良心的な業者はどんな項目にどれくらいの費用がかかるのか明確に書いて、かつ計算方法や単価も書いているはずです。
もし「諸経費」などあいまいな内容で書かれていたら怪しいのでその業者はやめておいた方が良いでしょう。

◆キャンセルや追加料金の説明がきちんとしている
消費生活センターには、遺品整理業者とのキャンセルや追加料金などに関するトラブルの相談が数多く寄せられています。
遺品の量が多すぎる場合、「見積もり料金と実際の請求額が違う」というのは十分ありえる話です。
しかし契約時にはあらかじめどんな時に追加料金が発生するのかを業者に確認するようにしましょう。
はっきり説明してくれる業者は信頼できる業者です。

◆「遺品整理士」がいる業者
「遺品整理士」とは冒頭の遺品整理士認定協会が認定している民間資格で、法律を遵守しつつ遺品整理作業をする知識やスキルを持った人が保有できる資格です。
遺品整理士は遺品を故人の大事な所有物として心を込めて取り扱うように教育されているので、有資格者がいる業者に仕事を依頼すれば後悔しない遺品整理になりやすいです。

遺品整理費用を高くする3要素と解決策

遺品整理業者に仕事を頼むときは、業者の選び方以外にも遺族が知っておくと良い点があります。
それはどんな要素が作業費用に影響するかという点です。
そうした要素を知っておくことで節約のための対策が取れるので大切なポイントです。
以下に費用に関係する3つの要素を挙げてみたいと思います。

1.遺品の量や種類
先ほどの相場の見積もり事例で見たように、少量しか回収する遺品がなければ費用はそれほど高くなりません。
一方「ありとあらゆるものを片付けてほしい」といった依頼であれば遺品の総数はかなりの量になるため費用は高くなります。

種類も重要な要素です。遺品の量が多くても軽い物ばかりとか小さなものばかりであれば作業員が1人でも対応できるでしょう。しかし大型の冷蔵庫やリビングボード、たんすなどであれば1人での作業は難しいです。
2人あるいは3人の作業員が必要になるため、その分人件費が発生する可能性があります。

2.搬出環境
先ほど少し触れましたが、遺品をどんな場所からどれくらいの距離運ぶのかというのも大きな要素です。
例えば高層階からの運び出しの場合、エレベーターの有無で搬出作業の大変さは左右されます。
公団の中には4階建てでエレベーターがないという建物もありますが、そういう場所からの運び出し作業となると料金は高くなるでしょう。

仮にエレベーターがあったとしても小さなエレベーターの場合は遺品を運び出せない恐れもあります。
そうなるとやはり階段搬出となるため作業の難易度が上がります。

駐車場の有無も見積もりに影響します。
戸建て住宅なら目の前に、アパートやマンションならエントランス前にトラックを停められるのが理想的ですが、路地の広さや周辺の住宅環境などによってはそれが難しいケースがあるでしょう。
そうなると搬出する距離は長くなるため、作業料金は高くなってしまいます。

3.特殊作業の有無
特殊作業とはゴミ屋敷のゴミ撤去や害虫駆除、特殊清掃での消臭作業などのことです(特殊清掃は孤独死など遺体が腐乱したまま誰にも気づかれないで日数が経過してしまった場合に必要)。
これが発生するケースでは数万円~数十万円費用が高くなります。現場の状況にもよりますが費用だけでなく日数も多くかかる場合があり、遺品整理全体が大変になります。

遺品整理費用を少しでも安くする方法

もし費用を少しでも抑えたいなら、関係する要素についてよく考えて色々工夫することで費用の節約ができます。
例えば上記の3つの要素のうち1番目の「遺品の量や種類」という点に関しては、一部の作業を自分たちでおこなうことで費用を節約できます。

以下のような作業をすませておくと良いでしょう。

●ゴミを片付けておく
●回収してもらう不用品をまとめておく
●大きな家具を解体してコンパクトにしておく
●搬出できる小型家電は自分たちで処理する
●清掃は自分たちでおこなう
●遺品を「形見分け」「廃棄するもの」「自分で保管するもの」などに仕分けておく
●貴重品を捜索しておく

このような作業をできる範囲内ですませておくことで業者に任せる作業を少なくできるため、費用負担を軽減できるはずです。
遺族の健康状態や住んでいる場所、時間的余裕などによってできることに制限があるとしても、遺族全体で協力することで節約を達成できます。
また自分たちもある程度参加することで故人を偲ぶ良い機会にもなるでしょう。

2番目の「搬出環境」という要素についても工夫できることがあります。
例えば2階や3階にあるものをある程度1階に持ってきてまとめておけます。
こうすることで作業員が何度も階段をのぼる必要がなくなるため費用が抑えられる可能性があります。

もし高層階に住んでいてエレベーターがないのであれば、「作業日に簡単なものだけでも1階部分に運んでおく」と業者に通達して値下げ交渉ができます。
あるいは体力があるのなら作業員を多くする代わりに「自分自身が作業員と一緒に搬出作業に加わる」という条件で値下げを頼めます。
実際遺品の種類によっては臨時で遺族に手伝ってもらう業者も存在します。

駐車場の問題に関しては、通常は共同住宅の玄関前にトラックを停められないとしても、アパートやマンションの管理人に頼んで一時的な許可をもらえるかもしれません。
戸建ての場合、もし自宅前や自宅敷地内にスペースがないのなら隣の住人に駐車スペースを間借りするなど工夫しても良いでしょう。

3番目のゴミ屋敷や特殊清掃の問題に関しては遺族にできることは限られているので業者に任せるのが一番ですが、その場合でも料金を安くするコツがあります。
それは相見積もりを取ることです。すでに相場事例で見たように、同じ作業内容でも業者によって料金はまるで違う場合があります。
ですから複数の業者に見積もり依頼を出すことで安い業者を見つけ費用を節約できます。

相見積もりはゴミナビ!でとる

相見積もりを取る時はゴミナビ!の利用がおすすめです。
ゴミナビ!を使うと良い理由としては以下のような点があげられます。

■最大5件の一括見積りが数分で完了
見積もり依頼にかかる時間はわずか数分です。

■国内の優良業者だけを紹介
企業証明書などを提出した優良業者だけが登録できます。

■最大10万円の現金保証
万が一トラブルがあった場合はゴミナビ!が最大10万円保証します。

■個人情報をきっちり保護
契約する企業にだけ個人情報が公開されます。

■会社のサービスや料金情報が満載
全国の業者の会社概要やサービス内容を参照できます。

■口コミ情報が1,900件以上
口コミを見て業者選びの参考にできます。

■利用料無料
全てのサービスが完全無料です。

このようなメリットがあるので遺品整理業者を選ぶときはぜひゴミナビ!を利用してみてください。
相見積もりを取って安い業者を探せば、特殊清掃やゴミ屋敷の掃除など料金が高くなる遺品整理作業を依頼する時もできるだけ費用の節約ができます。

まとめ

福岡県で遺品整理作業をする必要が生じたときは作業を依頼する業者を慎重に選ぶようにしましょう。
残念ながら業者の中にはずさんな仕事をしたり、回収品の不法投棄をしたり、高額請求するなど悪質なトラブルを引き起こす会社があるからです。
ですから費用相場を知るように心がけ、会社の口コミ情報もよくチェックしておくことが大事です。

また先述した優良業者の特徴を意識して契約先を絞るようにしましょう。
費用を抑えたい場合は紹介したいくつかの工夫ポイントを実践するのも良い方法です。
さらにゴミナビ!で相見積もりサービスを利用することで安い業者を見つけ出せる可能性が高まります。
完全無料なので遺品整理を計画している方はぜひ一度ゴミナビ!の利用を検討なさってください。

前のページに戻る

バックナンバー

不用品回収ここだけの話