不用品回収ここだけの話

CtoC事業の闇って?

Posted by 2021.12.06 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

最近、CtoC事業について耳にすることが多くなったと思います。

テレビCMでもメルカリのアプリの広告が流れたり、Yahoo!にログインするとヤフオクのポップアップ広告が出てきたり。

これのどこがCtoC?と感じている方のために内容の説明を簡単にすると、店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。
人気を集める一方で、黒いうわさがあることをご存じですか?

黒いうわさと聞くと、都市伝説のように感じるかもしれませんが、儲け話には裏があるように、こういったサイトを悪質に利用する人もいるのです。

例えば、出品したものになんの欠点もなく壊れてもいないのに、こんなもの売りつけた!!と騒ぎ立て、運営事務局から写真はありますか?と聞かれても「知らない」の一点張り…。このようにしてタダでものだけもらおうと考える人がいます。
上記は購入者目線でしたが、売却者目線でも問題が生じた事例はたくさんあります。

購入後、お金を振り込んでもいつまでたっても商品が送られてこない、問い合わせても返答がなくそのままに…なんてことも。

お互い顔が見えない顧客同士だからこそ問題に発展してしまうケースも多いようです。

筆者もメルカリを利用して物を出品した際に、相手の内容確認不足で文章を読まずして値段と写真だけを見て購入してきたお客さんから、自分が思っていた内容と違う!!と連絡をもらったことがあります。
筆者のケースの場合は、自分側に一切の落ち度がなかったので、問題には発展しませんでしたが、それでも相手の確認不足で文句を言われるのはいい気持ではありません。

このように、CtoC事業にはいい面もありますが、実際に使用してみるとよくない点も浮上してくることもあります。

じゃあ家にあるものを売るのに一番最適な方法は何なの?と思った方に紹介したいのが、買取専門業者です。

彼らは買い取りのプロですし、いろいろなお客様との取引経験があります。そのため、今回のような問題に発展する心配も少なく、安心して依頼することができると思います。

数多くある買い取り業者からどこを選んでいいのか迷ってしまうという方にお勧めなのが、ゴミナビ!です。

利用したお客さんが書いてくれた口コミがあるため、どの業者がどんな評価か一目瞭然です!!
今すぐゴミナビ!https://gominavi.com/で検索

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話