不用品回収ここだけの話

不用品と不要品の違いをしっかり理解しよう

Posted by 2021.12.10 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

不用品と不要品。
どちらも同じ「ふようひん」ですが、意味や処分法が異なっています。

不要品

「不要品」は、所有者にとって必要ではないものという意味で使われます。壊れているから必要ない場合もありますが、今回の場合はまだ使うことができるのに必要ではないという意味です。例えば、聴かなくなったCDや昔趣味で集めていた楽器、引っ越すときに持っていけない家具や家電などが不要品です。

不要品は、どちらかというと道具として利用価値があるものである場合があり、買取などをしてもらったり、売りに出したりすることができたりします。

 個人でリサイクルショップに買い取ってもらったり、メルカリなどのフリマアプリに出品したりするようなものが不要品です。

不用品

「不用品」は、一般的には使用することができないもの、壊れているものという意味で使われます。例えば、壊れていて使えない電化製品や、使い道のない粗大ゴミなどが不用品です。ジャンク品と呼ばれることもあります。

不用品は、行政の指示する方法に従って処分するか、不用品処理業者に依頼するという方法があります。
行政の指示する方法では、処分するときに費用がかかったり、事前に申請する必要がでてきます。
しかし、申請することによって、正しい方法で処分できるという利点が挙げられます。
一方で、不用品回収業者に任せるといった方法もあります
不用品回収業者に依頼すると、事前の申請や搬出の作業などの手間を省くことができます。
しかし、不良品回収業者の中には不法投棄をするような悪質な業者も存在します。

業者に依頼する前に信頼できる業者かどうか確認するようにしておきましょう。
いらなくなった物の処分には、様々な方法が考えられます。
また、その不要になった物の活用方法もたくさんあります。

不用品回収を業者にお願いする時は見積もり内容をよく確認するようにしましょう。

ネット見積もりだけでなく現地見積もりもお願いすること、見積もりの詳細を確認して分からないことは業者に質問することで良い不用品回収業者を選べます。

また一つの業者だけに見積もり依頼するのではなく一括見積りを取るのがポイントです。
複数の業者にまとめて依頼することで見積り依頼の時間を短縮できますし費用の節約にもなります。
ゴミナビ!は無料で一括見積りがすぐに取れるのでぜひ使ってみてください。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話