不用品回収ここだけの話

環境問題を真剣に考えよう

Posted by 2022.03.22 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

2022年3月、コンビニやスーパーで、無料でもらえるフォークやスプーンが有料になるかもと騒がれていました。

コンビニ各社は、報道を受け有料化は先送りにしましたが、近い未来、そういったプラスチック製品は購入しなくてはならないものになるかもしれません。

スターバックスコーヒーでは脱プラスチック化を目指し、紙製のストローを導入しています。

このように、少しずつではありますが、私たちの身の回りでは変化が起きています。

なぜ、こんなにも急に環境を意識した生活が導入されつつあるのか考えたことはありますか。おそらく、この記事を読んでいる多くの方はあまり意識せずに変化した生活に順応しているのではないかと思います。

今回は、皆さんにわかりやすく、このまま悪い状態が続くとどうなってしまうのかをお話ししたいと思います。
現状について少し説明していきます。
多くの屋台や食べ歩きのお店ではプラスチックの容器が使われていることが多いですよね。
例えば、横浜の中華街だと、購入した小籠包の容器は白いプラスチック容器ではないですか?お土産用に買ったときについてくる袋は?これもプラスチックですよね。一人のお客さんが一つの商品を買っただけで、プラスチック製品はいたるところで目にすることができます。

プラスチックのどこがいけないの?と思われる方もいると思います。
第一の問題として、海洋汚染の問題が挙げられます。
海に流れ出たゴミは風や波の影響で小さくなり、それを私たちが食べる魚などが食べると、知らぬ間に私たちも摂取することになってしまうのです。マイクロプラスチックと呼ばれる小さくなったプラスチックは生物にとって有害な物質です。がんの発症率を上げたり、脳に影響を及ぼしたりというところが懸念されているポイントになります。

他にも、燃焼したときに発生するガスの問題など説明しきれない良くないことはたくさんあります。

そんなプラスチックごみを少しでも無くすために私たち個人ができることは何でしょうか。
正直、たった一人の行動で世界を変えることは不可能です。しかし、少し意識を変えて生活をすることで、あなたの周りの意識を変えることはできるかもしれません。

そこで、ゴミを捨てるときにぜひ利用してほしいのがゴミナビ!です。プラスチック製品に限らず、粗大ごみや家庭の不用品、どんなものでああっても再利用することができる可能性があります。ただゴミを出すだけでは気が付かなかった視点も、プロの目で見ればまだまだ利用価値があるかもしれません。

ご自宅に不用品や壊れたものがあれば、ぜひゴミナビ!で業者を探してみて下さい。


リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品回収・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、横浜、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話