不用品回収ここだけの話

埼玉県 キャンプ用品の買い替えの時期は?

Posted by 2022.09.05 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

関東圏でキャンプ場といえば?

キャンプそれは一年を通して家族や友人と楽しめるイベントでもあります。
最近はコロナ禍の影響もあり、密を避けて屋外でできるという点がとても良いと注目を集めています。

ツウな人は、自分でキャンプ用の山や広場の一角を購入してしまうほどに、日本ではキャンプブームが起こっています。

そんなキャンプですが、なかなか自分で山を購入してまでしたいという本気の方はいないでしょう。となるとキャンプを楽しみたいという人が利用するのがキャンプ場ですよね。

関東圏では屋内でBBQを楽しめる施設や海沿いでビールなどが楽しめる施設はあっても、周りがビルに囲まれている地域では外でキャンプをするのは難しいです。

しかし、埼玉県は屋外でキャンプができるキャンプ場が多くある県でもあります。中心部から少し離れると周囲が山や川に囲まれている地域が多いためキャンプ場を作るにはもってこいの立地だといえます。

そのため多くの関東圏に住む人は埼玉県のキャンプ場を訪れたことがある人も居ることと思います。

キャンプ用品の買い替えの時期は?

キャンプを手軽に楽しみたいという人は施設に道具や食べ物があるところをチョイスして楽しむこともできますが、本格的にやりたいという凝り性な方にとっては、火おこしからやるのがキャンプだ!という人も居るかもしれません。

となると道具にはこだわりを持って揃えたいのではないでしょうか。

でも道具の買い替えの時期っていまいちよくわからないですよね。毎日使うものでもないし、かといっていざキャンプ場にいって使えなかったら困るし…

インターネットで検索をかけてみるとキャンプ歴3年でも道具を買い替えた人もいれば、全く変えずにここまで来たという人もいました。
一概にこうとはいえないようですが、テントの寿命は5〜10年程度で、メーカーによって違いがあったり、手入れをしているかによっても物持ちに差があったりするようです。


また、買い替えが頻繁に必要なものとしてクーラーボックスの文字がありました。
匂いが気になってきたり、あまり保冷効果がないなと感じたりが買い替え時期のサインだそうです。

まとめ

今回は今大ブームのキャンプについてのお話をしました。
上記のように道具の購入の時期を少しだけ説明しましたが、1番は、自分が買い替えたい時というのが趣味としての楽しみ方だと思います。

一式全てキャンプ用品を買い替えたいという人は不用品回収業者に依頼して以前まで使用していたものを回収してもらうと掃除も処分もだいぶ楽になると思いますので、是非ゴミナビ!で調べてみてください。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上! 日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、 日本全国はもちろん東京、神奈川、埼玉、千葉の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話