不用品回収ここだけの話

神奈川県横浜市 古い浴衣はどうするべき?

Posted by 2022.08.17 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

浴衣を着る人が減っている!?

今年は花火大会の開催も見られ、ちらほら浴衣を着ている人を見かけたという方もいるのではないでしょうか。

昨年は新型コロナウイルスの影響で、花火大会や盆踊りの中止が相次ぎ、浴衣を着ている人を見かける機会も全くと言って良いほどありませんでした。

そのため、今年こそ浴衣を着たいと意気込んでいる人も増えていることと思います。

しかし、日本の伝統文化とも言える浴衣ですが、その文化自体が薄れてきていることをご存知ですか?

新型コロナウイルスが影響して行事が次々に中止されてしまい、浴衣を販売しているお店どころか、製造元も赤字が続き、経営悪化により倒産してしまう会社が急増しました。

また、異常気象で暑い日が続き、浴衣を着て外に出るよりも、ラフなカッコで外に出た方がいいと考える人が多く浴衣を着ること自体があまり好まれなくなってしまいました。

実際に、浴衣を自分一人で着ることができる人はとても少なく、浴衣を着るとなるとお金を払って着なくてはならないというのも少しネックになっている部分でもあるようです。

古い浴衣はどうしよう

ご自宅に長い間着ていない浴衣があるという人はいますか?

いきなりその浴衣を着ることになっても、思ったよりも袖が短くなっていたり、おはしょりと呼ばれる部分が短過ぎてしまったり、思うように着ることができなかったというのはよくあることです。

また、久しぶりに浴衣を着るなら…と新しいものを購入してしまい、古いものはそのまま放置してしまう人もいます。

何を言いたいのかというと、実はそれはかなり勿体無い!ということです。
浴衣もものによっては数万円以上するものもありますので、ただしまっておくだけなのはかえって浴衣の状態を悪化させる原因になりかねません。

でももう着る機会もないという人は、不用品買取業者に査定してもらうのはいかがでしょうか。

不用品買取業者であれば、自宅まで不用品を無料で引き取りに来てくれるところもあり、手間もかかりません。

また、ゴミナビ!ではその地域に対応可能な業者が一覧で見られます。そのため「神奈川県横浜市」を選択するだけで、神奈川県横浜市に対応可能な業者と、その業者の口コミも見ることが出来ます!

まとめ

今回は着ない浴衣についてのお話をしました。
古いからとただ捨ててしまうのではなく、とりあえず査定だけでもしてみると良いかもしれません。


リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上! 日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、 日本全国はもちろん東京、神奈川、埼玉、千葉の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話