不用品回収ここだけの話

サーフボードの代表的な処分方法

Posted by 2021.10.24 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

不要になってしまったサーフボードの処分方法についてご紹介

不要になってしまったサーフボードの処分方法についてご紹介いたします。代表的な処分方法は、小さく切り刻んで普通ゴミとして処分する、粗大ゴミとして処分する、不用品回収業者に依頼する、サーフボード買取の専門業者に依頼するという4つの方法です。買取業者に買い取ってもらう、また売却する際にはどのような点に注意しなければならないのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

マリンスポーツにはさまざまなアイテムが必要ですが、その中でもサーフボードは場所も取り、自宅で保管しておくのは大変です。
もう使わなくなったサーフボードを処分する方法としておすすめの方法や、処分する際の注意点について考えていきましょう。

・サーフボードの代表的な4つの処分方法

まずはサーフボードの代表的な処分方法をご紹介いたします。

自分にぴったりの処分方法はどれにあたるのか、よく考えてみてください。

1.小さく切り刻んで普通ゴミとして処分する
費用をかけずに処分するのなら、普通ゴミとして処分する方法が一番です。

ただしサーフボードは大きいので、もちろんそのまま普通ゴミとして処分するわけにはいきません。

普通ゴミとして処分するには、小さく切り刻む必要があります。

カットするためにはガレージなどの大きな場所が必要であり、他の方の迷惑にならないように気を配る必要があります。

カットする場所がない、カットできるノコギリなどがないという場合には、余計な費用がかかってしまうことを留意しておきましょう。


2. 粗大ゴミとして500円〜1,000円程度で処分する
そのまま処分するなら、粗大ゴミとして処分するという方法があります。

自治体の粗大ゴミを取り扱う機関に連絡し、粗大ゴミ処分に必要な費用を支払います。

自治体によってもこの費用は変動しますが、500円から1,000円程度で処分できることがほとんど。

所定の場所、所定の日にちに粗大ゴミ置き場にサーフボードを持っていく必要があります。


3. 不用品回収業者に依頼して引き取ってもらう
地域の不用品回収業者に引き取ってもらうという方法もあります。

不用品回収業者は、無料で引き取ってくれるところと、有料で引き取ってくれるところがあります。



有料の場合は、粗大ゴミとして処分するよりも高くなる可能性があります。

事前にどちらの方がお得か、考えてから選ぶようにしましょう。



4. サーフボード買取の専門業者に依頼する
サーフボードがまだ使えそうな場合は、サーフボードを買い取ってくれる業者に依頼して売却するという方法もあります。

マリンスポーツアイテムを取り扱う店舗に依頼すれば、不要になったサーフボードをお金に変えることができるでしょう。

総合買取業者などを利用する場合は、サーフボードは買取対象となっているのかを調べてみましょう。


・サーフボード処分時の3つの注意点
サーフボードを処分する際には、いくつかの点に注意しなければなりません。

ゴミとして処分する場合も、売却する場合も、事前にどんな点に注意が必要なのかを頭に入れておきましょう。


1. 地域のゴミの分類に注意する
普通ゴミとして処分する場合でも、粗大ゴミとして処分する場合でも、地域のゴミの分類に従って処分する必要があります。

サーフボードは何に分類されるかは地域によってもかなり違うので、不安な方は直接問合わせてみるのが一番です。



粗大ゴミとして処分する際は、処分するアイテムがサーフボードであることを伝えるときちんと処分方法を教えてもらうことができます。



2. 必要となる費用を確認したうえで処分方法を決める
処分には費用がかかるケースがあります。

粗大ゴミとして処分するとしても、不用品回収業者に引き取ってもらうとしても、どれくらいの費用がかかるのかは予め確認しておきましょう。



買取業者に依頼すればお金にすることができますが、不用品として処分することで思わぬ出費になる可能性もあります。



3. 売却する場合はライフスタイルに適した方法を考える
サーフボードを売却する場合は、売却方法について考えなければなりません。

近くにサーフボードを買い取ってくれる店舗がある場合はそちらに足を運んでもいいですが、ネットでの買取を受け付けている業者ならもっと高く買い取ってくれる可能性もあります。


店頭ですぐに取引できる店頭買取、自分のペースで準備を進めることができる宅配買取、自宅に査定スタッフが来てくれる出張買取など、あなたのライフスタイルに合った買取方法を選ぶことも必要です。


また、個人でオークションサイトやフリマアプリに出品すると自分で設定した価格で売却することができます。

自分にぴったりの売却方法を探して、スムーズに取引を行えるようにしていきましょう。

【まとめ】

・サーフボードを賢く処分しよう

不要になったサーフボードの処分方法についてご紹介いたしました。

サーフボードの処分方法には、細かくカットして普通ゴミとして処分する、粗大ゴミとして処分する、不用品回収業者に引き取ってもらう、さらに買取業者に売却するというものがあります。

それぞれの特徴や料金をしっかり把握して、自分にはどの方法が最適なのかを考えてみてくださいね。

本記事で紹介したポイントを参考にしながら、自治体ごとのルールをホームページなどでしっかりと確認し、それらに従って処分しましょう。

サーフボード、家具や大量の服など一度にまとめて捨てたい不用品がある方には不用品回収業者への依頼がお得です。不用品回収を頼む時は悪徳業者のリスクや費用比較の面倒さが付きまとうと考えられてしまいがちですが、そういった不安はゴミナビ!なら一切ありません!

粗大ごみや家電製品の不用品回収を業者にお願いする時は見積もり内容をよく確認するようにしましょう。
ネット見積もりだけでなく現地見積もりもお願いすること、見積もりの詳細を確認して分からないことは業者に質問することで良い不用品回収業者を選べます。

また一つの業者だけに見積もり依頼するのではなく一括見積りを取るのがポイントです。
複数の業者にまとめて依頼することで見積り依頼の時間を短縮できますし費用の節約にもなります。
ゴミナビ!は無料で一括見積りがすぐに取れるのでぜひ使ってみてください。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

不用品回収に関する仕組みや考察などは
お得な不用品回収の情報や知られていないポイントまで、ぜひ業者選びのご参考にしてください。

前のページに戻る

バックナンバー

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話