不用品回収ここだけの話

東京で引っ越し準備と作業を3日で済ませた人の話

Posted by 2022.04.07 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

引越しをすることになった場合、
いつから準備をするのが妥当でしょうか?

おおよそは、引越し日より1か月~2ケ月前から準備を取り掛かる必要があると言われています。
今回はゴミナビ!運営スタッフの体験談をもとに引っ越し準備と作業のお話をしていこうと思います。

「退去日→入居日」の順番で決めることがマスト

まずは新居への入居可能な時期を確認し、今の住まいからの退去日と新居への入居日(契約上賃料が発生する日)、引越し日を決めます。入居日と退去日、どちらを先に決めるか迷う方もいるかもしれません。賃貸物件の場合は後述する「解約予告の告知期限」に加え、退去日を月末のみと指定するところも多く、入居日よりも融通がききづらいことから、「退去日→入居日」の順番で決めた方が比較的スムーズです。

引越しが決まったらやることリストと流れ

①旧居の退去日・新居の入居日を決める
②引越しの見積もりと業者の決定
③段ボールや梱包資材を準備する
④粗大ゴミ・不用品の処分
⑤お子様が居る場合は転園・転校の手続き
⑥固定電話・インターネットの移転
⑦ライフラインの手続き
⑧役所での手続き
⑨金融機関での手続き
⑩住所変更が必要なものの手続き
⑪郵便物の転送手続き
⑫旧居からの荷物運び・電気ブレーカーを落とす・(必要なら)ガス立ち合い
⑬新居への荷物搬入・ライフラインの使用開始手続き・新居のお掃除

という流れですが、これを3日で終わらせるなんて無理!?と思う方がいらっしゃるかと思います。
そうです、これらは1か月から2ケ月前から準備や作業を行う内容です。

はたして、ゴミナビ運営スタッフはどのような流れで
たったの3日で完結させたのでしょうか。

東京で2LDK暮らし、猫1匹と彼と同居していましたが、
同居している彼は毎日夜勤生活のため、引越し作業はほぼ一人で行うことに。
新居への入居までのタイムリミットは1か月。どのように過ごしたでしょうか。

DAY1【処分するものの選定と業者選びと清掃】

当時、彼女は引越し業者ではなく、不用品回収と引越し運搬を
兼ねてやって頂ける不用品回収業者を選びました。
幸いにも、同居の彼が軽トラを運転できるので実家から軽トラをお借りする日程を
おさえることができましたが、もし借りれなかったら
不用品回収業者にて2トントラックの積み放題プランを利用することを
視野に入れていましたがこの日はお見積りを取るなどはせずに
この時点でどれだけのゴミがでるのかを確認するようにしました。

新居に入るまでの1か月間で使用しない食器や調理器具は真っ先に梱包し、
平たい大皿とタッパーだけで食事の保管や盛り付けをするようにシフト。
キッチン回りは真っ先に最低限のものでまとめたあとは、
衣類など処分するモノの選定しました。

仕分けはおおきく3種類に分けて選定します。
①捨てるもの
②リサイクルショップに出品するもの
③新居に入居するまでの間に使用する見込みがないもの

捨てるものは段ボールに雑魚入れしておき、
リサイクルショップに出品するものは状態確認を。
新居に入居するまでに使用する見込みがないものは圧縮袋などで保管しました。

また、ハウスクリーニングは費用が掛かるため、自力で可能な限りは
この時点で清掃を行い綺麗に保つよう過ごしました。

1日目の作業はおおよそ8時間でした。

DAY2【荷造りと手続きと清掃そして不用品回収業者への電話】

引越しが目前に迫る1週間前、
荷造りと共にいくつかの手続きを済ませておきました。
荷造りは短期集中で2時間で可能な限り荷造りし、
できるかぎり清掃を行いました。
不用品回収業者に新居への荷物搬入が可能かどうかと不用品回収して頂きたいものを
電話で見積りしてもらい、業者の決定し、
DAY1で出た「リサイクルショップで出品するもの」を出品しにいきました。

(少しお小遣いができたのはラッキーでした☆)

2日目の実質作業時間は6時間でした。

DAY3【不用品回収業者をお呼びして退去作業と新居への運搬】

不用品回収業者さんは軽トラ積み放題プランを選び、
荷物の運び出しをお願いしている間に
部屋・トイレ・お風呂場のお掃除を行い、
新居への運搬と搬入までお願いしました。

業者さんは養生テープなどで床や壁の保護を行ってくれまして
この間にガス立ち合いも済ませました。

新居への搬入を済ませた後は必要なものだけ荷解きを行いながら
ライフライン開通手続きも済ませました。

3日目の作業は旧居から
新居への移動時間(2時間程度込み)も含め8時間程度でした。

3日間での実質作業時間はたったの22時間!☆
自身で荷物運びするよりも清掃作業に力を入れる事が出来たおかげで
別途でハウスクリーニング代の請求も大きな金額にならずに済みました。

これだけの時間で済ませられたのは不用品回収業者のおかげです。

積み放題プラン+引っ越し作業プランで不用品回収業者への合計費用は
60,000円程度で済ませる事が出来ました。
要らないものはそのまま回収してくださったのでその後のゴミ出しもかなり楽チンでした。

この引越し体験談が参考になるかどうかは別として、
引越し準備や作業というのは、忙しい方だからこそ計画がとても大切になっていきます。

どうしても時間がない!という方は引越し業者よりも
引越し作業も担える不用品回収業者へ依頼するのがベターかと考えます。

最近の不用品回収業者さんは、サービスの兼業している傾向があり、
要らないものはそのまま引き取ってくれるのが非常にありがたいところです。

突然の引越し・異動や転勤でも任せられる業者が増えたのは有難いお話ですね。

そのゴミ、東京都内や千葉県内で処分できます!
ゴミナビ!登録業者は9,000社以上!ゴミナビの口コミ件数20,000件を突破!
東京、横浜、名古屋、大阪、福岡の不用品回収・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取、便利屋などの業者の評判・口コミ・相場をご紹介!
東京・千葉で不用品回収、東京・千葉で粗大ごみや大型ごみを回収してもらうならゴミナビ!で検索しよう!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話