不用品回収ここだけの話

セルフネグレクトによるゴミ屋敷

Posted by 2021.10.25 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

セルフネグレクトという言葉を知っていますか。若年層にも広がりつつあるセルフネグレクトですが、どのような状況を指しているのでしょうか。この記事では、セルフネグレクトの定義や精神状態などについて解説していきます。併せて、なぜセルフネグレクトになってしまうのか、若年層に広がっている背景などについても見ていきましょう。

セルフネグレクトとは?その定義と状況
ネグレクトという言葉を知っている人は多いでしょう。これは、親が子どもの養育を放棄することを指しますが、このネグレクトが自分自身に向けられることを「セルフネグレクト」といいます。

つまり、自らの身体のケアや心のケアを放棄してしまうことで、日本語では「自己放任」「自己虐待」などともいわれているのです。セルフネグレクトの定義は、成人が通常の生活をするために必要な行為に対する意欲や能力が低下しており、自分自身の健康や安全を損なうこととなっています。

たとえば、十分な食事を摂らずにいる、病気になっても医療行為を拒否する、掃除をしなかったりお風呂に入らなかったりして不衛生な環境での生活を続けるといったことが挙げられます。このことによって、家族や周囲の人から孤立してしまって、ますますセルフネグレクトが悪化するといった悪循環に陥る可能性があるのです。

セルフネグレクト状態になってしまっている人の精神状態は、一種の抑うつ状態にあるとされています。疲れやストレスで一時的に何もかもどうでもよくなることはあるでしょうが、それが長期化してしまうのがセルフネグレクトなのです。

セルフネグレクトには2つのタイプがあり、「判断能力低下タイプ」と「本人意思タイプ」とに分けられます。前者は認知症やうつ病といった疾患が原因でセルフネグレクトになることが多く、後者は身内の死や失業などのショックによって自らの意思で健康的な生活を拒絶していることが多いとされているのです。

どちらのタイプでも、掃除や洗濯などの意欲がわかないため、家の中に物が溢れてゴミ屋敷になってしまうケースも珍しくはありません。

高齢者だけじゃない!若者にも増えるセルフネグレクト
セルフネグレクトになるのは、1人暮らしの高齢者や中高年というイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、高齢者だけでなく若年層にもセルフネグレクトは広がっています。

その原因として考えられるのが、「核家族化」「貧困」「インターネット」などといわれています。

まずは「核家族化」です。昔は大家族で暮らすことが多かったため、その中で対人関係を学ぶことができましたが、現代では核家族化が進み難しくなっています。そのため、突然に一般社会の中で対人関係を学ぶことになり挫折してしまう、その結果として自己評価が低くなってセルフネグレクトにつながる可能性があるのです。

次に「貧困」です。セルフネグレクトの大きな要因とされているのがこの貧困で、若年層が悩まされている問題の一つとなっています。非正規雇用の割合も多く、低賃金で働いている若者も少なくはありません。正社員であっても低賃金だったり仕事が激務だったりすることもあり、常にストレスにさらされている人も多いでしょう。貧困であるため未来に希望を持てずに行き詰まり、どうでもよくなってしまいセルフネグレクトを発症することがあります。

また、「インターネット」の普及も関係しています。核家族化で人とのつながりが薄い、現実の対人関係がうまくいかないことなどが重なると、インターネット上に居場所を求める傾向が強くなるのです。SNSなどで承認欲求を満たしたりコミュニケーションを取ったりするのですが、その限られた世界の中で問題が起こる、人間関係に失敗するといったことが起こる可能性もあるでしょう。そうなると居場所がなくなったと感じて、さらにセルフネグレクトが悪化してしまうのです。

まずは生活環境を改善させよう

さまざまな年代で広がるセルフネグレクトですが、ゴミ捨てなどを怠ることでゴミ屋敷化してしまうケースが多くあります。家の中がゴミで溢れていることによって気分はさらに落ち込みますし、いろいろなことがどうでもよくなってしまうでしょう。そのような状態を改善するためにはまず、ゴミを片付けて生活環境を整える必要があります。

しかし、自分自身で片付けをするのは難しいものです。そのようなときには、業者に依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。

大量のゴミが溢れているような家でも清掃してくれる不用品回収業者もあります。セルフネグレクトでは、1人で分別したりゴミ出ししたりする気力がわかないでしょうから、一軒分のゴミを丸ごと回収してもらえる規模のサービスを提供している業者を選ぶとよいでしょう。

業者によっては買取も行っているので、売れるものがあるのなら料金も安く済みます。また、ゴミの回収だけでなくハウスクリーニングも行ってもらえる場合もあります。ゴミが溢れていると臭いや汚れが溜まりやすいものです。業者ならプロの技でしっかりと部屋をクリーニングしてくれますから、自分で大掃除する手間がかかりません。ゴミのないきれいな部屋によみがえることで、部屋だけでなく心もすっきりして、健全な生活を送る気力がわくことも期待できるでしょう。

家具や大量の服など一度にまとめて捨てたい不用品がある方には不用品回収業者への依頼がお得です。不用品回収を頼む時は悪徳業者のリスクや費用比較の面倒さが付きまとうと考えられてしまいがちですが、そういった不安はゴミナビ!なら一切ありません!

粗大ごみや家電製品の不用品回収を業者にお願いする時は見積もり内容をよく確認するようにしましょう。
ネット見積もりだけでなく現地見積もりもお願いすること、見積もりの詳細を確認して分からないことは業者に質問することで良い不用品回収業者を選べます。

ゴミナビで業者を探そう!

また一つの業者だけに見積もり依頼するのではなく一括見積りを取るのがポイントです。
複数の業者にまとめて依頼することで見積り依頼の時間を短縮できますし費用の節約にもなります。
ゴミナビ!は無料で一括見積りがすぐに取れるのでぜひ使ってみてください。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

不用品回収に関する仕組みや考察など
お得な不用品回収の情報や知られていないポイントまで、ぜひ業者選びのご参考にしてください。

前のページに戻る

バックナンバー

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話