不用品回収ここだけの話

遺品整理士ってどんな仕事?

Posted by 2021.12.13 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

遺品整理とは、亡くなった人の部屋やお家を片付けて清掃し、不要品などを整理する事で
遺族が行う事が主流でしたが
近年これをプロにお願いする方が増えていると言います。

遺品整理を行ったことがある人はその大変さも知っている為
自分の時はプロにお願いしようと事前に生前整理を遺品整理士の方と行うという場合もあります。
遺品整理はただ不要品を分けるだけではなく、遺品によって様々な法律が関わってくる可能性があります。

知らず知らずのうちに法に触れる事をしてしまったり意外と難しくて大変な作業なのです。

また小物だけではなく大型家具や場合によってはお家まるまる処分しなくてはいけないという場合もあります。

これら全てを身内だけで行うことはとても大変で遺産トラブルなどに発展してしまう事もありますが
遺品整理士にお願いすることで、家の処分方法や遺産協議など遺品に関する専門家を紹介してくれるだけではなく
遺族の気持ちを尊重し、遺品を不要品だとしても大切に扱ってくれます。

遺品整理士の主な仕事

・不用品の仕分け
・不用品の解体、処理
・家財などの搬出
・簡易清掃
・遺品整理に関する専門家の紹介

などが基本ですが、遺品整理士によってはこれらの業務に加えて
ハウスクリーニングや不用品買取を行っている場合もあります。

なぜ遺品整理士にお願いする人が増えたのか

不用品などを捨てるだけであれば通常の不用品回収業者に頼めば良いのでは?と思いますが
遺品整理士が広く知られる以前は一般の清掃業者や整理業者が依頼を受けることがほとんどでした。

ですが一部の業者が利用者に不当な高額請求をしたり、遺品を買い取る際に安い値をつけたりといったトラブルが相次ぎ、国民生活センターに多数の相談が寄せられるという事がありました。

こういったトラブルが話題となり、遺品整理に関する法的知識を持つ専門家として
遺品整理士が注目されると同時に遺品整理を遺品整理士にお願いする人が増えたと言います。


全国の都道府県で遺品整理業者を探すならゴミナビ!
利用者のリアルなクチコミを見ることもできるゴミナビ!であなたにピッタリな業者をみつけよう!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話