不用品回収ここだけの話

遺品整理をやってみて感じた【ギャップ】

Posted by 2022.01.28 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

身内や近しい方が亡くなると必要になる「遺品整理」
行政や銀行での手続きが必要になるため、負担を感じてしまう人は多いと思います。

遺品整理をされる時間は故人の思いを馳せる時間でもあります。
遺品整理はドラマや映画で題材にされることも多くなんとなくイメージができるかと思いますが、いざ経験するととてもギャップを感じるかと存じます。

そこで、実際に遺品整理業者に依頼された人たちが実際に感じたギャップをご紹介いたします。

親族間の関係性

◆故人と不仲だった親族と親しかった親族の間で遺品の処分に関しての揉め事が起きた。
不仲だった親族が勝手に処分してしまう事態も起きてしまった。
◆親子でも考え方が違ったので捨てる・捨てない でかなり揉めました。もう自分が死ぬときはちゃんと準備しようと思えます。

故人宅の清掃

◆故人は真面目な性格の人間ではありましたが、とにかく捨てられない困った人間でもあることがわかるくらいに物が多く、掃除の面でかなり手こずりました。

◆故人宅の清掃は整理だけではなく、売却や相続できる状態にする方も多く、荷物の運搬などに時間がかかります。
貴重品などがあっても、物が多いと見つけるのに時間がかかりますし、不用品は処分費用もかかるので、遺品整理前には人出、時間、費用に余裕を持っておくほうが良いかもしれませんね。

遺品整理のスケジュール

◆亡くなった当日からのスケジュールがドタバタ劇で、ネットである程度把握していた段取りのようには行かず、睡眠不足と疲労感満載のまま2週間以上、遺品整理し続けました。安置していた病院から葬儀手配、火葬手続き、年金や銀行、役場の手続きなど、流れとして少し安易に考えていたかもしれません。連日、時間に追われる日々でした。

◆整理する荷物が多く、一人では無理なので、私の家族、兄弟、親戚、知人にお願いするための日程の調整が難しかったところです。

遺品整理は手続きも多く、かなり忙しくなったという方が多いです。
特に貴重品などの場所や詳細がわからないと、探すところから始まるため本当に気を付けたいですね。
また、遺品整理の中でも家電類や大型の家具があると人出がなければ難しいことがあります。
人出を集めるにも親族間のスケジュール調整が上手くいかないというケースは多く、特に親族が遠方にしかいない場合は相当スケジュール調整に時間がかかった方もいました。

思わず涙。遺品整理での感動

◆本人の仕事の記録が山のようにありました。言葉は少ない人なのですが、毎日の日誌をつけていて、時折、家族の事にも触れていました。全くお金にならない紙ゴミですが、すぐに処分できずにいます。(悪い意味ではなく、心が温かくなります)また仕事で使っていた脚立や道具類を、もう処分かと思っていましたが、知り合いが引き取ってくれた事が嬉しかったです。声をかけてみる事は大切だと思いました。

◆両親が亡くなった後、実家を引継ぐことになった。大量の遺品があり、私達夫婦の荷物を合わせるととてもではないが入らない。箪笥や押し入れにあった遺品はほぼ、不用品であり、捨てることに抵抗はなかったのだが、洋服などはどうしても捨てられず、未だに家にある。また、子供の頃に書いた絵や写真、賞状などきれいに保管されていたものを見た時は改めて号泣。親の愛情を改めて実感したできごとであった。

遺品整理を行うことによって、様々なギャップだけではなく、
思わず涙がこぼれるものも出てきます。

ですが遺品整理にはいつまでもお時間をかけることはできません。
専門業者に依頼することで負担を軽減させることができます。


ゴミナビでは遺品整理業者の情報や口コミが数多く掲載されています。
大事な遺品整理、トラブルにならないためにも口コミや見積りをしっかり確認することをおすすめします。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!


前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話