不用品回収ここだけの話

神奈川の遺品整理業者の実際の見積もり料金・口コミ比較!

Posted by 2019.09.19 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

近年「遺品整理」や「遺品整理業者」という言葉がよく聞かれるようになってきました。
人が亡くなるとその人の遺族は故人が生前使っていたものや所持していたものを一通り整理する必要がありますが、遺品整理業者は遺族の代わりにその代行するサービスを提供しています。

神奈川県にも遺品整理業者はたくさんいますが、これから亡くなった家族の遺品整理をしなければいけない場合、遺品整理代行サービスがどんなものか気になるのではないでしょうか?
そこでこの記事では神奈川県の遺品整理業者の費用相場や口コミ情報を解説したいと思います。

また遺品整理を遺族が自分たちでする場合と業者に依頼する場合との比較をしながら、どちらのケースにおいても遺族が注意しておくべきポイントをご紹介します。

神奈川県の遺品整理業者の実際の料金相場を公開!

神奈川県の遺品整理業者と契約を交わす前に、遺族は費用相場をよく考えてから業者を選ぶことが大事です。
業者の中には企業努力などによって他よりも安い料金でサービスを提供しているところがあります。
逆に他よりも高い見積額を提示する業者もいます。
業者によって費用の計算方法や作業の進め方は様々なので見積もり金額にも差が出てきます。

そこで神奈川県で実際に行われた見積もり依頼のデータを参照して、5つのケースにおける費用相場を見ていきましょう。
データはゴミナビ!のものを抜粋していますが、どれも実例なのでとても参考になります。

料金相場例1:少量の家電や家具の場合

まずは遺品がリサイクル家電が2点と家具1点だけのケースです。

見積もり依頼の詳細は以下の通りです。
●階数
3階建ての1階
●回収をお願いしたい品
・冷蔵庫(単身用の小型のもの)
・洗濯機(45Lまでのもの)
・ベッド(セミダブル)

この依頼に対しては4件の業者から回答がありました。

【業者A】
■■■費用■■■
13,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 見積り料金には搬出処分費用が含まれています。
●見積期限
 本日より3日
●対応可能な日時
 お客様のご都合に極力合わせます。
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】50%
 【当日】100%
 よろしくお願いします^_^


【業者B】
■■■費用■■■
14,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 スタッフ1名でのご対応になりますので一人で搬出が困難な物だけ申し訳ありませんが少しだけお手伝いをお願い致します
●見積期限
●対応可能な日時
 8月11日
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】
 【当日】


【業者C】
■■■費用■■■
15,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出と運び出しの費用と2tトラックの回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
●見積期限
 7月13日
●対応可能な日時
 8月11日
●キャンセルについて
 依頼成立後のキャンセルは見積金額の20%のキャンセル料が発生致しますので予めご了承下さい。
 【3日以前】税込見積金額の20%のキャンセル料
 【2日前】税込見積金額の25%のキャンセル料
 【前日】税込見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料


【業者D】
■■■費用■■■
23,760円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 ご入力のお品物であれば全込みのご料金になります。
●見積期限
 期限はとくにございません。
●対応可能な日時
 8/12 午前対応可能です。
●キャンセルについて
 【3日以前】見積り金額の20%キャンセル料
 【2日前】見積り金額の20%キャンセル料
 【前日】見積り金額の20%キャンセル料
 【当日】見積り金額の20%キャンセル料

(ゴミナビ!データ参照)

業者Dを除いてはどこも似たような見積もり金額を提示しているので、この案件の相場は14,000円前後と判断できます。
業者Bについては作業員を1名と設定していますが、状況によって依頼者の手伝いを求める可能性を示唆しています。
業者が依頼者に手伝いをお願いするのは珍しいことではありません。
「作業員を増やして費用を高くされるよりは良い」という場合には便利です。

業者Dに関しては料金だけ見ると依頼するメリットをあまり感じませんが、キャンセル料に注目すると他の業者より良心的なのが分かります。
他の業者が前日や当日のキャンセル料を50%ないし100%と設定しているのに対して、業者Dはすべて20%です。
もし作業日ぎりぎりまでキャンセルの可能性があるのなら、このような点も事前にチェックしておくのが大事です。

なお依頼内容では3階建ての建物の1階部分からの搬出となっていますが、もしこれが3階からの搬出でかつエレベーターがないというケースの場合は見積もり費用がもっと高くなる可能性があります。
見積もり金額に影響するのは遺品の量や種類だけでなく搬出環境も影響しますので、しっかりと遺品整理状況や環境を伝えるように心がけましょう。

料金相場例2:家電数点だけの場合

続いて家電が数点だけというケースです。
搬出するのは高層マンションの5階という設定ですが、荷物用エレベーターと駐車スペースがあるという好条件の搬出環境があるケースです。
見積もり依頼の詳細は以下の通りです。

見積もり依頼
タワーマンション。
荷物用エレベーターあり。
車寄せ駐車場あり。
5階です。
回収物
1.122L 2扉冷蔵庫
2.PC デスクトップ
3.液晶モニター
4.プリンター(レーザー)
5.プリンタ(インク)

この依頼に対しては6件の業者から回答がありました。

【業者A】
■■■費用■■■
16,200円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積もり内容には、入力された品物の回収費用、搬出費用、トラック回収費用が含まれます。
 基本的には、この金額以上は、かかりませんが、追加の物品が増えた場合など追加料金が発生する場合もありますので、ご理解くださいませ。
●見積期限
 7月7日中
●対応可能な日時
 現状8日14時以降、10日何時でも
●キャンセルについて
 【3日以前】無し
 【2日前】無し
 【前日】50%
 【当日】100%


【業者B】
■■■費用■■■
25,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 上記品物のお引き取り回収、リサイクル券含みます
●見積期限
 2019年7月15日迄
●対応可能な日時
 7月8日午前中便
●キャンセルについて
 【3日前から前日まで】見積もり金額の50パーセント
 【当日】見積もり金額の100パーセント


【業者C】
■■■費用■■■
9,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 搬出処分料金が含まれます。
●見積期限
 本日より3日
●対応可能な日時
 お客様のご都合に極力合わせます。
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】
 【当日】


【業者D】
■■■費用■■■
13,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 スタッフ1名でのご対応になります
●見積期限
●対応可能な日時
 7月8日
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】
 【当日】


【業者E】
■■■費用■■■
10,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出と運び出しの費用と2回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
●見積期限
 7月7日
●対応可能な日時
 7月8日9時~
●キャンセルについて
 【前日】税込見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料


【業者F】
■■■費用■■■
10,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
●見積期限
●対応可能な日時
 7/15
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】
 【当日】料金の50%


(ゴミナビ!データ参照)

安いところで9,000円、高い所では25,000円という結果になりました。
全体の構成を見ると4社は1万円台前半で、1社は1万円台後半、そして1社が2万円台となっています。

この依頼内容で注意したいのはリサイクル家電の存在です。
リサイクル家電に関する法律によると、冷蔵庫とテレビとエアコンと洗濯機の4品目には処分する際にリサイクル費用が発生します。
業者Bの見積もり詳細を見ると「リサイクル券を含みます」と記載されていますが、ネット見積もりや現地見積もりをする時には、事前にリサイクル費用が見積もりに含まれているかどうか確認することがポイントです。

料金相場例3:軽トラいっぱいくらいの量の場合

今度は軽トラックいっぱいになるくらいの量の遺品回収を依頼したケースを見てみましょう。
見積もり依頼の詳細は以下の通りです。

見積もり依頼
ハンガーラック、ベッド、テーブル、チェスト、テレビ台、パソコンデスク、ミニドレッサー、ミニコンポ、DVDプレイヤー、全身ミラー、プリンター、洗濯機、冷蔵庫、オーブンレンジ、オーブントースター、掃除機

この件に対しては6件の回答がありました。

【業者A】
■■■費用■■■
34,452円
---------見積もり詳細---------
追加物が出る可能性がある場合は当日でも承れます。
お世話になります。
ご連絡頂いている内容ですと物品のサイズや容量、搬出状況等不明な点がございますので料金変動の可能性がございます。
正確な料金をご希望の場合は再度サイズ等の詳細をご連絡お願い申し上げます。
ご検討頂ければと思いますので宜しくお願い申し上げます。
※基本的に大きく変動する事はございませんが、ご連絡頂いている内容で相違やご不明な点がある場合は、分かる範囲のお見積りとなりますので、実際の料金は減額または増額になる可能性もございます。
現地確認後に正確な料金ご提示させて頂き、ご納得頂いてからの回収となりますので予めご了承ください。 【内容詳細として下記を含む金額となっております】
●出張費
●エアコン標準取り外し作業(ある場合)
●搬出作業
●ベッド分解・洗濯機取り外し作業等(ある場合)
●階段作業(予め記載がある場合に限ります。)
●回収作業 【以下の場合は追加料金またはお断りとなる場合がございます】
●ご連絡頂いている物で不明な部分がある場合(サイズや内容、物量、状態など) 例)記載が「ベッド」のみの場合はスプリングマットレスなどは入っておりません。
 例)記載が「冷蔵庫」のみの場合は、2ドア以下(単身用)サイズで計算しております。
●ご連絡頂いている物品以外の物品を追加で回収の場合
 注)ご連絡頂いている物品が減った場合は減額になる場合がございます。
●エアコンの設置状況が標準以外の場合(エアコン回収がある場合)
●エアコンの穴埋め作業(エアコン回収がある場合)
●階段作業(予め記載がある場合にはお見積りに含まれております。)
●細かい物が袋や箱にまとまっていない場合
●搬出のために吊りや解体などの特殊作業が必要な場合
●他の物が邪魔でそのままでは搬出できない場合
●回収物の内容が確認できない場合
●作業中に車を止めておくスペースがない場合はパーキング代等が別途必要です。
●著しく汚れている場合
●物理的に不可能な場合など
[ キャンセル料について ]
依頼成立後のキャンセルはキャンセル料が発生致しますので予めご了承下さい。
2日以前:見積金額の25%のキャンセル料
前日:見積金額の40%のキャンセル料
当日:見積金額の80%キャンセル料
※リサイクル料など記載以外の料金を別で請求する事は一切ございません。


【業者B】
■■■費用■■■
20,000円
---------見積もり詳細---------
お問い合わせありがとうございます。
軽トラックパック 20000円、2tトラックパック 50000円、リサイクル家電は年式により別途料金がかかる場合がございます。
ご検討の程よろしくお願い致します。


【業者C】
■■■費用■■■
25,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件 文章にある物
●見積期限
 7月末日
●対応可能な日時
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】
 【当日】

【業者C】
■■■費用■■■
38,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
●見積期限
●対応可能な日時
 7/11
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】料金の30%
 【当日】料金の50%
 【当日】料金の50%


【業者E】
■■■費用■■■
14,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出(3階)と運び出しの費用と2tトラックの回収費用が含まれます。
 物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生する場合があります。
(例:そのままの状態で部屋から出せない、エレベーター、階段を利用できない場合等は別途解体費+処理費がかかります)
 また、引取トラックがエントランスや階段下等の正面に駐車できない場合は、搬出作業料がかかる場合があります。
●見積期限
 7/3
●対応可能な日時
 土曜日、9時~14時引取 7/13、20(7/6はご相談)
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】13時より税込見積金額の50%のキャンセル料(13時以前は不要)
 【当日】税込見積金額のキャンセル料


【業者F】
■■■費用■■■
28,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積内容には、入力された物品の回収費用、階段搬出と運び出しの費用とトラックの回収費用が含まれます。
物品が増えた場合や作業内容が変わった場合は、追加料金が発生します。
●見積期限
 7/5までです。
●対応可能な日時
 平日以外ということであれば22日(土曜日)が行えます。
●キャンセルについて
 依頼成立後のキャンセルは見積金額の20%のキャンセル料が発生致しますので予めご了承下さい。
 【3日以前】税込見積金額の20%のキャンセル料
 【2日前】税込見積金額の25%のキャンセル料
 【前日】税込見積金額の50%のキャンセル料
 【当日】税込見積金額のキャンセル料

(ゴミナビ!データ参照)

見積もり金額の幅は14,000円~38,000円とかなり開きました。
業者Eの14,000円はかなり安いので「ちゃんと作業してくれるのかな」と逆に不安になるかもしれませんが、この業者の見積もりの詳細は明確に記載されているので好感が持てます。

業者Bについてはパック料金について明示しているのが特徴的です。
パック料金とは積み放題プランのことで、軽トラックや2トントラックに積み込めるだけ積み込んで定額料金だけ払うという方式です。
遺品の量によってはこのようなパックプランを利用する方が安いケースがあるので、必要に応じて通常コースにするか積み放題コースにするか判断すると良いです。

料金相場例4:2トントラック1台分の場合

軽トラックで搬出しきれない場合は2トントラックを利用することになります。
例えばタンスや棚などの大型の家具や家電が複数ある場合は2トントラックになりますが、その場合の相場費用がどれくらいか見てみましょう。

見積もり依頼
1.処分物の詳細
・タンス(90X90X38cm)1個
・棚(90X48X30cm)2個
・衣装ケース(70X38X30cm)5個
・ブラウン管テレビ1個
・CDラジカセ1個 ・自転車1台
・スキー板1個・スキー靴1個
・BS/CSアンテナ1個
・座椅子1個
・ビデオデッキ1個
・炊飯器1個

2.搬出環境
(1)アパート1階角部屋(道路側)
(2)アパート前に2トン車の駐車可(一方通行)

この件について4件の業者の回答がありました。

【業者A】
■■■費用■■■
67,500円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
品物の処分費、搬出費、諸経費が含まれます。
●見積期限
7/10
●対応可能な日時
7/11午前
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】30%
 【当日】 100%


【業者B】
■■■費用■■■
33,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 記載されました不用品の回収作業
●見積期限
●対応可能な日時
 7月12日午前10時〜 7月16日午前10時〜
●キャンセルについて
 【3日以前】無料
 【2日前】
 【前日】見積もり金額の50%
 【当日】見積もり金額の100%


【業者C】
■■■費用■■■
64,800円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積もり内容には、入力された品物と、搬出作業と人件費が含まれます。
品物が増えた場合や有料パーキング使用の場合別途料金が発生致します。
●見積期限
 7/10
●対応可能な日時
 7/11午前
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】30%
 【前日】30%
 【当日】100%のキャンセル料が発生致します。


【業者D】
■■■費用■■■
67,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 入力いただきました物品すべての回収、運搬費になります。
 また、人件費、出張費などもすべて含まれているため、これ以上費用はかかりませんのでご安心ください。
●見積期限
 7月10日
●対応可能な日時
 後記載頂いたお日にち可能です。
●キャンセルについて
 お見積り額全額いただきます。


(ゴミナビ!データ参照)

業者Bを除いてはすべての業者が6万円台の金額を提示しているので一般的な相場は6万円台と判断できます。
では業者Bは信用できない怪しい業者かという言うとそういうわけではありません。
最終的に現地見積もりをしてみないとより正確な金額は出せませんし、企業努力で本当に3万円台で作業できるという可能性もあるからです。

またそもそもこのデータの参照元であるゴミナビ!には企業証明書などを提出した優良企業しか登録できないので、回答を寄せている業者はどこも良心的な業者です。
ですから相場からかけ離れて安い金額を提示しているからといって怪しいわけではありません。
もちろん現地見積もりによって最終金額が変わる可能性がありますが、連絡を取る価値は多いにあると言えます。

料金相場例5:戸建てで大量の遺品がある場合

最後に戸建て住宅で大量の遺品があるというケースも見てみましょう。
下の見積もり依頼の詳細を見ても分かるように、家電製品や生活用品、家具など小さいものから大きいものまでかなりの遺品があります。

見積もり依頼
扇風機3, アラジンストーブ2, 石油ストーブ1, クリーナー4, コタツ1セット, 座卓148×89, 空気清浄器イオンフォーレ1, 茶箱4, 和布団10枚, 座布団10枚,コタツ布団1式, 簾戸8枚, CDラジカセ1, 柱時計2, 赤ちゃん布団1式, テーブル73×55×48, プラスティック衣装ケース2, スツール2 三面鏡1, 足踏みミシン1, ポット1, 食器棚 ・学習机 ×1 ,1人がけ布製チェア ,1人がけプラスチック製チェア(座布団付 ×1 ,PCデスク ×1 ,ベッド脇に置く収納 ×1 ,タワー型間接照明 ×1 ,室内プラネタリウム1 ,LEDデスクライト1 ,白熱灯デスクライト1(未開封/未使用) ,手動コーヒーミル1 ,額縁(木製・アクリル)4 ,低反発マット1(未開封/未使用)  ,婚礼タンス1,洋服箪笥2,ダブルベッド,マットレス,2段ベッド
処分品はある程度まとめてあります。
戸建て2階建て
駐車場所はハイエースくらいなら1台止められます

この件については5件の業者から回答がありました。

【業者A】
■■■費用■■■
280,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 品物の処分費、搬出費、諸経費が含まれます。
●見積期限
●対応可能な日時
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】30%
 【当日】100%


【業者B】
■■■費用■■■
260,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 記載されました不用品の回収作業
 作業員3名
●見積期限
●対応可能な日時
 9月12日午前10時〜 9月16日午前10時〜
●キャンセルについて
 【3日以前】無料
 【2日前】
 【前日】見積もり金額の50%
 【当日】見積もり金額の100%


【業者C】
■■■費用■■■
235,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 お見積もり内容には、入力された品物と、搬出作業と人件費が含まれます。
 品物が増えた場合や有料パーキング使用の場合別途料金が発生致します。
●見積期限
 9/10
●対応可能な日時
 9/13午前
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】30%
 【前日】30%
 【当日】100%のキャンセル料が発生致します。


【業者D】
■■■費用■■■
320,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 入力いただきました物品すべての回収、運搬費になります。
 また、人件費、出張費などもすべて含まれているため、これ以上費用はかかりませんのでご安心ください。
●見積期限
 9月10日
●対応可能な日時
 後記載頂いたお日にち可能です。
●キャンセルについて
 お見積り額全額いただきます。


【業者E】
■■■費用■■■
250,000円
---------見積もり詳細---------
見積をお送りさせていただきますので、ご検討の程宜しくお願い致します。
●見積条件
 見積り料金には搬出処分費用が含まれています。
●見積期限
 本日より3日
●対応可能な日時
 お客様のご都合に極力合わせます。
●キャンセルについて
 【3日以前】
 【2日前】
 【前日】50%
 【当日】100%
 よろしくお願いします^_^


(ゴミナビ!データ参照)

やはり遺品の量が多いので金額もこれまでの事例より多くなっています。
金額の幅は235,000円~320,000円となっていますが、相場は25万円前後といったところです。
遺品が大量だと業者は搬出イメージを鮮明に持つのが難しくなるので、ネット見積もりだけでは実際の請求金額と完全に一致する可能性があまり高くありません。

ですからネット見積もりは現地見積もりをしてもらう業者を絞り込むために行い、最終的な業者選びは現地見積もり後に各社の見積もりを比較してから行うと良いでしょう。
ちなみに依頼内容を見ると「処分品はある程度まとめてあります」とありますが、遺族ができる範囲で遺品をまとめておくと業者の作業が少なくなり、その分費用を減額してもらえる可能性があります。

神奈川県の遺品整理業者の口コミ情報を紹介!

遺品整理業者は全国に9,000社近くいると言われています。
遺品整理のプロである「遺品整理士」の資格を認定している「遺品整理士認定協会」によれば、同協会の神奈川県・特別賛助会員として登録されているのは全部で26社で、一般会員は38社登録されています。
それ以外の会社も含めると、神奈川県にはかなりの数の遺品整理業者が存在すると考えられます。

とはいえ遺品整理の代行サービスはまだまだ認知度がそれほど高いわけではなく、昔ながらの週間で遺族が自分たちで遺品整理を行うケースは少なくないでしょう。
またこれまで遺品整理業者を使ったことがないという場合、「業者に任せても本当に大丈夫なのか」と心配になるかもしれません。

結論から言うと、遺品整理業者に作業を代行してもらうことには何の問題もありません。
悪徳業者にさえ気を付けて良心的な業者に頼めば時間的、体力的な負担を大幅に軽減できるからです。
プロの業者であれば遺品整理の経験や実績を多く持っていて、遺族が自分たちで行う場合よりも効率的です。

実際神奈川県の業者に作業を依頼したという経験者たちの口コミ情報を見ると、代行サービスがとても便利で安心できるものだということがよく分かります。
実際の口コミ情報の例をいくつか紹介しましょう。

神奈川県の遺品整理業者の口コミ例

以下の口コミ情報はゴミナビ!に寄せられたリアルな声です。

◆ポジティブな口コミ
「両親が残し空家になった家。
大量の不用品に困り果てながらも姉妹で少しずつ片付けてはいましたが、大きな箪笥や分別しきれないゴミを一気に片付けて終わりにしたいと思いました。
あらかじめ色々な業者さんをネットで調べ、同じ市内で評判も良く、ゴミの処理もしっかりしてくれそうなこちらへお願いしました。
家具は分解したり2階の窓を外して降ろしたり、大変な作業となりました。
古い家ですが、傷つけないよう丁寧にやっていただき、家の中はすっかり片付きました。
本当に助かりました。」

「約束の時間通りに来ていただけました。
作業も迅速に進み、大型家具が多数ありましたが、30分ほどで完了いたしました。」

「見積から丁寧に対応していただき、値段の相談にものっていただきました。
納得の金額で作業も迅速だったので、とても助かりました。」

「見積もりの相談をさせていただきました。
とても丁寧に処分品を見ていただいて、その場で詳しい内容の見積書を書いていただきました。
残念ながらこちらの予算が届かなかったのですが、そう申し上げても嫌な顔一つせず、とても丁寧な応対をしていただきました。
色んな片付けの経験も話していただいて参考になりました。」

◆ネガティブな口コミ
「5万円のコースを頼みましたが、一段しか積んでもらえず、2段、3段となると金額が高くなりました。
思ってたよりも荷物を持っていって頂けずガッカリです。」

「電話対応がしっかりしていたので頼みました。
作業当日は忙しかったせいなのか、やっつけ仕事感が強かった。ちょっと微妙だった。」

このようにポジティブな口コミもネガティブな口コミもありますが、全体的には神奈川県の遺品整理業者には高評価が寄せられていました。
見積もり時に追加料金の発生の有無やその条件、キャンセル料の詳細などをしっかり確認したうえで契約すれば、業者との作業内容や費用に関するすれ違いが発生するのを防ぎやすくなります。

ちなみにゴミナビ!は万が一トラブルが発生した場合に最大10万円の現金保証を約束しています。
ゴミナビ!に登録されている業者は企業証明書などを提出した優良業者ばかりですが、人が関係する以上絶対にトラブルが起こらないとは言い切れません。
でもこのような保証があればより安心して業者に依頼できるのでうれしいサービスです。

遺品整理は自分でもできる?業者に依頼する場合との比較

遺品整理業者に頼むと数万円から数十万円の費用がかかります。
そのため資金面で心配がある遺族は、「遺品整理を自分たちでできないだろうか」と考えることもあるでしょう。
結論から言うと自分たちで遺品整理をすることも可能です。
実際昔から遺品整理は遺族が行うのが普通で、どちらかというと遺品整理業者に代行してもらうのは近年になってから普及してきた方法です。

では自分たちでやる場合と遺品整理業者に依頼する場合とではどちらがベターでしょうか。
いくつかのポイントで比較してみたいと思います。次の6つの分野で両方のパターンを比較します。

1.時間面
2.搬出能力
3.仕分け作業
4.費用面
5.特殊作業への対応力
6.心情的な問題

ではそれぞれのケースを詳しく見ていきましょう。

1 時間面

遺族が特に仕事や家事やその他の用事に追われていない場合は遺品整理をゆっくり行う余裕がありますが、多忙な毎日を送っているのであればなかなかまとまった量の遺品を整理できない可能性があります。
もし遺品整理を行う遺族と故人とが離れたところに別々に暮らしていたのであれば通う時間も考慮しなければいけません。

一方故人の住宅の最寄の業者なら現場にすぐに足を運ぶことができ、遺品の量が多くても数時間で作業を完了できる能力を持っています。
経験がある業者なら3階建て住宅でも6,7時間ほどで片付けることができますが、素人の場合はそうはいきません。
もちろん遺品の量が少なければ遺族だけで短時間で終わらせることができますが、多ければ時間的に難しいでしょう。

2 搬出能力

遺品を整理すると廃棄する不用品やリサイクルなどに回す遺品が出てくるので家から搬出する必要がありますが、遺品が比較的小さなサイズのものばかりとか軽いものばかりという場合は自分たちでも対応できます。
故人と同居していたのであれば、大きな家具などは共有物になっていて搬出しなくてすむかもしれません。
このようなケースでの遺品搬出はそれほど難しくはありません。

しかし別々の場所に住んでいたのであれば、家財道具一式をリサイクルに出したり大きなものを廃棄する必要が生じることがあります。
そうなると搬出作業にはかなりの体力や時間、そして搬出用の車両が必要になります。
搬出する人の確保ができたとしても、軽トラや2トントラックなどを保有している人はそれほど多くないでしょう。
その場合はレンタルすることになりますが、その手間を面倒と感じる人も多いのではないでしょうか。

一方業者であれば必要な車両を確保していることはもちろん、大きなものや重いものを運び出すのに慣れています。
冷蔵庫や洗濯機などの重くて持ちにくい家電や、たんすやリビングボードなどの大型家具であってもあっという間に運び出せます。
2階や3階からの階段搬出もお手の物で、数時間もあればかなりの量の遺品を整理してしまいます。

3 仕分け作業

遺品整理の主な作業の一つは仕分け作業です。
遺品をいるものやいらないもの、リサイクルするものなどに分けていく作業ですが、意外とこれが素人には難しい作業になります。
貴重品やゴミであれば簡単に分けられますが、遺品の中には様々な種類の品があるためどれをリサイクルに出せるのか、どんなものを形見分けするのかなどすぐに判断できないことがあります。

一方多くの経験と実績を積んでいる業者は仕分けのコツやポイントを知っています。
どんなものは不用品に出来てどんなものは形見分けに分類すると良いか、わずかでも値段がつきそうなものはどれかなどを知っているので効率的な仕分けが可能です。
もちろん写真や思い出の品など遺族にとって特に重要なものもきちんとまとめて保管してくれます。

リサイクルできるものの仕分けという面では、業者のスキルは特に便利です。
遺品整理の現場の話ではありませんが、ある不用品回収業者がゴミ屋敷の清掃をしたところ、高級腕時計やブランド物のサングラスと一緒に古びたかばんが見つかりました。
かばんは特にブランドものではなく汚れていましたが1,000円の価値がつきました。

素人であれば「自分は使わないし売れることもないだろう」と考えて捨ててしまう恐れがあるものでも、業者は価値をつけてくれることがあります。
リサイクル業者や買取業者とのパイプが強い遺品整理業者、あるいは自社でも買取サービスを提供している業者に作業を依頼すれば思った以上に費用を節約できる可能性があります。

4 費用面

費用に関してはやはり遺族が自分たちですべて行う方が安くなります。
遺品の量にもよりますが、一般的に業者に作業を依頼すると数万円~数十万円はかかるので、資金面で余裕がない場合は「依頼せずに自分たちで行おう」と判断するかもしれません。

ただ注意点として状況によっては必ずしも遺族だけで遺品整理をするのがベターとは言えません。
例えば遠方にある住宅の遺品整理をする場合、そこに何度か足を運ばないといけないとしたらけっこうな交通費がかかります。
またリサイクル家電の場合はリサイクル料金が発生しますし、粗大ごみを出す場合も費用が発生します。

さらにお金の話ではありませんが先述のように自分たちでやると時間や搬出能力が問題になることがあり、それを考えたら「業者に代行してもらう方が結局効率が良い」という話になることもあるでしょう。
業者にいくつかの遺品を買取してもらえれば費用を節約できるという点も無視できません。
ですからまずはゴミナビ!で相見積もりをとって安い業者を探してから決断することをおすすめします。

5 特殊作業への対応力

特殊作業とはゴミ屋敷のゴミの掃除や害虫駆除、そして腐乱死体などから発生した悪臭を徹底的に招集する作業です。これは正直素人には能力的にも心情的にも難しい作業です。
家屋の損傷の程度にもよるので場合によっては遺族だけで対応できる可能性もありますが、ひどい状態だと大量のゴキブリやハエやうじが部屋の中にいますし、故人の体液のシミなども見ることになります。

後述する心情的な問題とも関係しますが、誰も故人が人知れず亡くなって遺体が腐敗した後の状態を見たくはないですよね。
後悔の気持ちや後ろめたさを感じるでしょうし、そもそもひどい悪臭で部屋に立ち入ることすらできないでしょう。

一方業者であればオゾン消臭機などの特殊な機材を持っているので徹底的な消臭が可能です。
またゴミや汚染された家財道具などの撤去、害虫の駆除も短期間ですませてくれます。
部屋の臭いや汚れが一通りなくなった後に遺族は部屋に入れるので、気持ちも落ち着いた状態で遺品のチェックができます。
ですから特殊作業が必要なら業者に頼むのが最善の選択肢です。

6 心情的な問題

遺品整理に関する悩みでとても多いのは、「遺品整理がつらい」とか「遺品を捨てられない」といった気持ちの問題です。
故人の死を受け入れるだけでも大変なのに、死から間もないうちに遺品を処分したり整理する気持ちにはなれないという人は少なくありません。
もし故人が持ち家に住んでいてすぐに遺品を整理しなくても良いというケースなら、気持ちが落ち着くまで待つことができます。

しかし賃貸住宅に住んでいた場合などは早め早めに遺品整理をする必要が出てくるでしょう。
そんな時に気持ちの整理がついていないまま遺族だけで遺品整理をしたら、あやまって大切なものを処分したり売却してしまい、後になって手放したのを後悔する結果になるかもしれません。
あるいは「慎重に遺品整理をしてあげられなかった」と故人に対する後ろめたさを感じることすらありえます。

しかし遺品整理業者に依頼すれば、冷静な判断で遺品の仕分けや処分する品物の処理をしてくれるので、むやみに遺品を捨てたり手放したりする結果にはなりません。
業者はこれまでいろいろな現場を見てきているので、どんなふうに遺品を取り扱うべきかよく知っているからです。ですから遺品整理に手が付かないという場合は業者に依頼する方がベターです。

もし「故人の遺品を他人である業者に頼むのは心苦しい」と感じる場合は、遺品整理の一部を遺族で行って他の部分を業者に任せるという方法もあります。
写真やアルバム、故人の愛用品など思い出を強く感じるものについては自分たちで整理して、リサイクルする品や処分品に関しては業者に任せられます。
そうすることで費用負担を軽減したり気持ちの整理をつけやすくなるでしょう。

まとめ

神奈川県で遺品整理作業をする必要が生じたら、遺族は紹介した様々な要素を考えて自分たちで作業を行うか業者に任せるかを決める必要があります。
しかしすでに見てきたように、全部ないしは一部だけでも遺品整理業者に作業を依頼する方がたいてい効率的な遺品整理が達成できます。

費用について心配になるかもしれませんが、遺品を適度に買取してもらうことで費用から売却分を差し引いてもらうといった工夫ができます。
またゴミナビ!で相見積もりをとることで優良企業の中から最安の業者を見つけ出すことも可能です。
ゴミナビ!の利用は完全無料なので、遺品整理業者選びをする時はぜひ利用してみることをおすすめします。

前のページに戻る

バックナンバー

不用品回収ここだけの話