不用品回収ここだけの話

遺品整理の代行はどこに任せるべき?後悔しないためのポイントを紹介

Posted by 2019.08.20 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

家族や親族の所有物の遺品整理をする場合、自分たちだけでやった方がいいのか、業者に代行してもらう方がいいのか悩むことがありますよね。
業者に任せるとメリットがいろいろある一方でデメリットもあります。
またどの業者に任せるのが良いかという問題もあります。

この記事では遺品整理の代行をどの業者に任せたらいいか、代行サービスにはどんなメリットやデメリットがあるのかという点を解説していきたいと思います。

遺品整理の代行はどこに任せるべき?

遺品整理には特殊清掃やリフォームなど特殊な作業が伴うことがありますが、比較的簡単な作業だけで済むケースもあります。内容によって必要な設備も変わってくるので、遺品整理を行うすべての業者が全てのケースに対応できるわけではありません。
そのため遺品整理をどこに任せるかよく考える必要があります。
ここでは、「業者別」と「状況別」にわけて依頼する業者をどのように選んだら良いのかご紹介します。

遺品整理の代行を請け負っている業者を知ろう!

■便利屋
いわゆる便利屋と呼ばれる業者も遺品整理を行います。
便利屋と言えば生活上のあらゆる雑事を代行してくれる存在なので、ちょっとした手助けが必要な場合にとても便利ですが、遺品整理の専門業者ではありません。
そのためどの程度遺族の気持ちを反映した作業ができるか不明な所があります。

■不用品回収業者
名前の通り不要品回収業者は必要なくなったものを搬出して処分してくれます。
ただし遺品整理特有の形見分けや仕分けを丁寧に行ってくれるのではなく、処分するものだけを回収します。
その中にまだ使えるものがあれば買い取ってくれるかもしれませんが、基本的に預かったものはゴミとして処理される可能性があるものですから、粗末に扱われる恐れもあります。

もし遺族が仏教や神道などを信仰していて、「不用品と言えども丁寧に取り扱ってほしい」「供養してほしい」と願っているのなら不用品回収業者はあまり向いてないと言えるでしょう。

■遺品整理専門業者
遺品整理専門業者は遺品整理に特化した事業者です。
他の事業もついでに行っているケースもありますが、基本的には遺品整理のプロフェッショナルなので高いレベルの遺品整理能力があります。
遺族と協力しながら遺品を丁寧に仕分けてくれて、たとえ不用品と言えども故人の思い出がつまったものと認識するのでぞんざいには扱いません。

さらに遺品整理業者の中には生前整理や老前整理、特殊清掃、貴重品捜索など付加的なサービスを代行してくれる業者も存在します。
このような業者は通常の遺品整理だけでなく複雑な遺品整理の代行に対応できます。

遺品整理代行はどこに頼むといい?状況別に選択!

もし遺品整理を自分たちの力だけでは行えない場合はどこに代行を依頼すれば良いでしょうか。
状況別に依頼すべき業者を解説します。

●孤独死など故人の家がひどい状態の場合
もし悪臭や汚物が散乱しているような状況ならまず特殊清掃が必要になります。
この場合は特殊清掃に対応した遺品整理業者に代行依頼することになります。

●故人の家がゴミ屋敷になっている場合
たまったゴミの回収を代行してほしいだけなら不用品回収業者や便利屋が対応してくれるでしょう。
しかしゴミ屋敷の中に貴重なものが混じっている可能性があるなど、貴重品探索や仕分け作業が求められるなら遺品整理業者に依頼する方が確実です。

●遺品を供養してほしい場合
遺品整理専門業者の方が関係施設や寺院などと提携している可能性があるので、供養の代行ならそちらの方が良いでしょう。

●形見分けの仕分けや配送が必要な場合
配送作業なら便利屋でもできるはずですが、形見分けとなりそうな品を一つ一つ取り扱うとなると遺品整理専門業者の方が知識やスキルの面で上です。
専門業者ならではの経験と感覚があるので、遺族にとって後悔しない遺品整理ができます。

●自分でおおまかな遺品整理をする場合
自分たちで形見分けや貴重品捜索などをするという場合、「要らなくなったものの回収だけしてもらえれば良い」と感じるかもしれません。
例えば「一通り取っておくものと不用品との処理はしたので、大きな家具や家電などを引き取るか買取してもらいたい」という場合は、不用品回収業者や便利屋に頼めば十分でしょう。
もちろんそのサービスだけ遺品整理業者に依頼することも可能です。


このように状況に応じて様々なニーズがあるので、それぞれのケースに対応した業者選びができます。
簡単にまとめると、もし要らないものをどんな形でも処分してほしいというだけなら便利屋や不用品回収業者に、必要なものと不必要なものとを整理するところから始めたいなら遺品整理業者にそれぞれ代行依頼すると良いでしょう。

遺品整理代行のメリット・デメリット

遺品整理を業者に代行してもらうことにはメリット・デメリットの両方が存在します。
それぞれを比較してどの程度代行を依頼したら良いのか考えてから契約しましょう。

遺品整理代行のメリット

まずは遺品整理代行のメリットから見ていきましょう。

■どんな遺品でも搬出してもらえる
遺品の中にはタンスや冷蔵庫などのようにかなり大きなものや重量物もあるものですが、これらの遺品を一般人が搬出して処分場へ持っていくのは簡単ではありません。
仮に家から運び出せたとしてもそれを処分場やリサイクルショップなどに持っていくには軽トラなどが必要なのでかなり手間がかかります。
遺品整理業者はそういった搬出しにくいものをすぐに運び出してくれます。

■貴重品の扱いに慣れている
家族や親族であっても貴重品のありかすべてが分かるわけではありません。
故人が生前見つかりにくい場所に隠していたのであればなおさらです。
遺品整理業者は業務上の経験から貴重品を探すのに慣れていますし、仕分けの時に金銭的価値がありそうなものを分類するスキルも持っています。
自分でやると間違えて捨ててしまう恐れもあるので便利です。

■時間面でメリットがある
遺族の中には仕事やその他の業務で忙しくて遺品整理する時間がないという人もいますよね。
もし遺品の量が大量ならかなりの時間がかかってしまうでしょう。
そういう時に代行業者に依頼すると時間を節約できます。

■精神的な負担が軽減できる
遺品を整理する時は遺族にとって精神的なつらい時間になることもあります。
遺品を一つ一つ見るたびに故人の死を意識するので感情的につらくなります。
中には数年たっても手が付けられないというケースもありますが、この点業者に代行してもらうと良い意味で遺品整理が進みます。

遺品整理代行のデメリット

続いてデメリットを見ていきましょう。

■お金がかかる
当たり前の話ですが自分たちでやれば費用はほとんどかかりません。
しかし業者に代行してもらうと数万円から数十万円かかってしまうので、金銭的余裕が遺族にない場合にはデメリットになります。
ただし故人が残した遺品の中に貴重品が含まれていれば、それを費用にあてるという方法もあります。

■間違えて思い出の品を処分される恐れがある
遺品整理業者はプロとはいえ、やはり故人の事を一番知っているのは遺族です。
そのため遺品一つ一つをまんべんなく見てから処分するかどうか決めたいという場合、遺族とは違う見解で遺品を分類してしまう恐れがあります。
遺族にとっては取っておいてほしかったものでも不用品として処理されるかもしれません。
ただしこれは事前に遺族が保管するものをリスト化するなどして解決できます。

■悪徳業者につかまると損害を受ける
遺品整理業者の中には悪徳業者が一部混じっていることがあります。
悪徳業者は高額請求をしてきたり、許可もないのに適当に遺品を回収して後で不法投棄するなど様々なトラブルを引き起こします。
悪徳業者につかまらないためには優良業者だけを紹介してくれるゴミナビ!で一括見積りを取ってから契約するのが賢明です。

まとめ

遺品整理を代行して欲しい場合は状況に応じて便利屋や不用品回収業者、遺品整理専門業者に依頼できますが、どのニーズにも対応してくれるのが遺品整理専門業者なので、迷ったら専門業者に代行してもらうのが一番です。
代行にはメリット・デメリット両方がありますが、ゴミナビ!で一括見積りをして上手に業者を選べば後悔しない遺品整理ができます。

前のページに戻る

バックナンバー

不用品回収ここだけの話