不用品回収ここだけの話

悪徳業者が原因で裁判に?

Posted by 2022.03.17 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る


悪徳業社と聞くとどんなものを思い浮かべますか?
ぼったくりバー、手抜き工事、架空請求などなどいろいろあると思います。
何故、人は悪い業者に騙されてしまうのでしょう。
その理由は、不慣れであることだと思います。
慣れていないことが相手に伝わってしまうと、相手側もいいカモだと思って騙してやろうという心理が働くのではないかなと思います。

今回は、そんな悪徳業者の中でも回収業者の悪質な例についてお話しします。

最近、国民生活センターに寄せられる回収業者の困った対応についての声が増加しているようです。

例えば、立場の弱い高齢者や若い女性の方をターゲットにし、勝手に荷物をトラックに積み込み強い口調で支払いを強制させた。
自分の家で回収してもらったものが、裏庭に捨ててあった。
というような相談が増えています。

こういった業者に共通しているポイントがあります。
1積み込んでみないと見積もりが出せないなど、料金をギリギリまで教えてくれない。
2無料、高額買い取りというような言葉を強く主張している
3ホームページがない、所在地が分からない

このポイントをチェックしてみて少しでも怪しいと思うところには依頼しない方が良いでしょう。
空き地などに堂々と人を立てて無料回収と宣伝をしている業者もあります。しかし、こういった悪徳業者は自治体からの許可を得ずして商売をしている可能性が極めて高いです。そのため、無許可な業者には消費者も依頼をしてはいけません。

悪質な業者に依頼してしまったことで、警察から不法投棄の疑いで連絡が入ったというケースも珍しくありません。

弁護士に寄せられる相談も悪徳業者に関する内容のものも多いようです。

弁護士が介入しても応じないというケースはなかなか考えにくいですが、場合によっては裁判という法的措置の名前を出すこともあるようです。

東京都に住んでいるからそんな悪徳な業者いないと高を括っていると痛い目を見ることになるかもしれません。
東京都でも、大音量で「要らなくなったもの無料で回収します」というアナウンスをしている軽トラックをしばしば目の当たりにしますが、実際は回収費用や積載費用で高額を請求してくる…という可能性もあるので、注意が必要です。
まずは知識を身につけて危ないことに巻き込まれないように努めましょう。

そんな悪徳業者ですが、自分のスキルだけを頼りに回避するのは難しいかもしれません。そこで、ゴミナビ!を利用して他のお客さんの力を借りて回避するのはいかがでしょうか。

というのもゴミナビ!では、実際のお客様の口コミ掲載が豊富なので、業者の見極めに自信がない人でも安心して業者を選ぶことができると思います。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話