不用品回収ここだけの話

モノがあふれてしまうという悩みを抱えた人必見!

Posted by 2022.01.28 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

最近では、貸しコンテナと呼ばれる大きめの倉庫を、月単位で契約することが流行っているようです。自宅に置けない、置いていても使う頻度が少ないものを預けて、自分で必要な時に貸しコンテナを訪れ、物を取り出すというように管理する人が増えているようです。

ちなみに、この貸しコンテナの大体の価格を調べてみたところ、一か月3万円程度かかるようで、東京都の貸しコンテナを調べてみると、スペース3畳分に対して4万円を超えるところもあるようでした。

自宅に入る量だけ物を保有していれば、年間で約50万円余裕が出るのに、少しもったいないと思いませんか?
おそらく、貸しコンテナに預けているものは、取り出す機会が年に数回しかないもの、あるいは、預けていても支障が出ないぐらい使わないものだと思います。
例えば、昔使っていた釣り具や、キャンプ用品、あるいは夏物・冬物の洋服等ワンシーズンに一回取り出すものが多いことが予想できます。

物が多くなってしまい、自宅に収納スペースが確保できないことを理由に貸しコンテナを借りる人が多いと思いますが、そもそもの話、それが自宅に収納できればわざわざ借りる必要はないのではないでしょうか。

今回、記事を見たことをきっかけに、自宅の整理をして必要なの・不要なものの仕分けをしませんか?

自分で分別するのが苦手という人はこれを機にゴミナビ!で依頼してみませんか?

ご自宅にある不要なものを引き取り!買い取り希望の場合は、買い取り業者に依頼していただければ、ちょっとしたお小遣いもゲットできてしまうかもしれません。

今回のお話をまとめると…
① 貸しコンテナにかける年間50万円をもっと有効に使えるのでは?
② 自分で片づけるのが苦手という方は業者に依頼するのがお勧め
というお話しでした。

少しでも興味を持った方はゴミナビ!をチェック!

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話