不用品回収ここだけの話

流行りのCtoC事業って?

Posted by 2021.12.06 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

皆さんは、メルカリやヤフオクなどのサイトを利用したことがありますか?

これらのサイトの特徴としては、個人が管理している物を、企業を仲介しなくても売買ができることです。

つまり、個人個人でやり取りができる、顧客と顧客同士であるCustomerとCustomerである、CtoCであるということです。

もっと簡単に説明すると、例えば売りたいものがあったとき今までであればブックオフなどの買い取り専門のお店に持ち込んで査定してもらい、買い取ってもらって、それをお店側が新たな値段をつけて売るというのが一連の流れでした。
しかし、上記のようなサイトでは、値段を付けるのも自分、売るのも自分というようにお店に持ち込む手間がなくなります。

しかし、ただその工程が無くなっただけではこんなに多くの人が利用していることの裏付けにはならないと思いませんか?

多くの人が利用している背景には手間がかからない以上のメリットがあるのです。

自分で値段を設定することができる

物によっては、お店での査定が数百円だったのに、自分で出品したことで数千円になったという物もあります。

しかし、その反面大きなデメリットもあるのです。

購入者に対して、自分が出品したものは、自分で発送しなくてはなりません。そのため、売却額と送料を足すとマイナスになってしまうということも大いにあります。

そこがネックであるという人も利用者の中には多くいて、あくまで購入しかしないという人もいるようです。

また、ソファーなどの家具や、大型家電になると、送料がとても高いためそもそもの出品をあきらめているという人もたくさんいます。

お店に持ち込むことも大きくてできない、送料も高いから送れない、そんな方のためにあるのが買い取り専門業者です。

どの買い取り業者がいいのかわからない方のためにゴミナビ!を紹介します。

ゴミナビ!でエリア別に業者がまとめて掲載されており、実際の利用者の口コミもあります。

自分の住んでいる地域にはどこの業者が対応してくれるのか、その業者はどんな業者なのかが一目でわかります!!

今すぐゴミナビ!https://gominavi.com/で検索!!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話