不用品回収ここだけの話

ランドセルを捨ててしまう前に知っておきたいこと

Posted by 2021.12.16 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

子どもの成長と共に使わなくなるものは多くあります。
小さい頃のオモチャやサイズの小さくなった衣類、去年の教材など
その中でも小学校で使用するランドセルは親にとっても子どもにとっても思い出深いものの一つです。

保管しておくにも場所をとってしまうので処分を考えているという方に
ランドセルを捨てるだけではない、さまざまな方法をご紹介します。

保管する

どもの思い出がつまったランドセルを捨てずに保管したいという場合
購入時の箱が残っていれば箱や熱のこもらない不織布の袋に入れて
直射日光を避けた風通しの良い場所で保管しましょう。
湿気の多い場所ではカビの原因にもなるため、保管する際は天気の良い日に定期的に日陰干しなどをする必要がります。

ナイロン袋は湿気がこもりやすいためナイロン袋での保管は避けましょう。

また製品により保管方法などは異なるため、大切に保管するために取扱説明書を読み
心配であればメーカーに問い合わせるなどの確認が必要です。

保管する際に特に注意が必要なのは湿気のようです。

リメイクする

近年注目されているのがランドセルを活用して財布やキーホルダーを作る、ランドセルのリメイクです。
「ランドセル リメイク」など検索をすると様々なリメイク工房が出てきます。
ランドセルを使ってミニチュアランドセルを作ってもらうこともできる工房もあるので、小さいランドセルであれば場所を取らず飾っておく事もできて素敵です。

ですが、人気なため工房によっては予約が取りづらかったり、完成に時間がかかってしまう場合があるので要確認が必要です。

また汚れや傷みが激しい場合はリメイクができない可能性もあるのでこちらも確認が必要です。

寄付する

丈夫で収納力の高い日本のランドセルは海外でも高く評価されており、
さまざまな団体が海外への寄付のためにランドセルを募集しています。

送り先や利用用途などを確認したうえでランドセルを寄付することで
お子様のランドセルがまた活躍できるかもしれません。

団体によって募るランドセルの個数が予め決まっている場合や、著しく破損しているランドセルなどは寄付できない場合もあるため事前に確認が必要です。

リサイクルショップなどで買い取ってもらう

ただ捨ててしまうのではなく、リサイクルショップなどではランドセルを買い取ってくれる店舗は多くあります。
ランドセルの需要は高く、入学シーズンには多くの店舗でランドセルを取り扱っています。
またどこかでお子様のランドセルが活躍できるかもしれません。


ランドセルを処分する場合
多くの自治体は可燃ごみとして処分できるようですが
その際に金具部分は燃えないため、取り外すことが必要です。
また、地域によって不燃ごみや粗大ゴミとして扱う場合もあるため自治体への確認も忘れないようにしましょう。

(参考元:セイバン ランドセル広場 https://www.seiban.co.jp/hiroba/detail/267)


おうちのお片付けに困ったらゴミナビ!
リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話