不用品回収ここだけの話

よくわかる不用品回収と廃品回収の違い

Posted by 2021.12.10 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

皆さんは不用品回収と廃品回収の違いって知っていますか?
違いはあるのですが、法律的には区別されておらず、環境省により呼び方も統一されています。
今回はそんな不用品回収と廃品回収の違いについて解説していきたいと思います。


まず簡単に言ってしまうと、回収する対象物が違います。

廃品回収

廃品回収では、主にリサイクル可能なものを回収しています。
リサイクル可能なものは、例えば新聞紙や雑誌・段ボールなどの古紙、牛乳パック、アルミ缶・スチール缶、瓶、布、故障していない家電などです。
リサイクル可能なものというと定義付けが難しいですが、換金できるものを廃品回収の対象としている業者が多く、廃品回収のみの業者の場合、リサイクルできない品目の回収を断られることがあるので、依頼する前に見積り等を業者に確認してみましょう。

不用品回収

不用品回収では、依頼者が不要と判断したもの全般になります。したがって、廃品回収で回収するリサイクル可能なものも含めて回収できます。
しかし、不用品回収業者であっても回収できないものはあります。例えば、医療機器や危険物、生ごみ、産業廃棄物などなどです。
回収できるもので比べたときに不用品回収>廃品回収となります。

よって、自分が回収してもらいたいものがリサイクル可能なものかどうか判断がつかない場合は不用品回収業者に依頼しましょう。

どちらに依頼するにしても、依頼する前に注意すべき点があります。
というのも、こういった不用品回収業者や廃品回収業者とのトラブルが最近増加しているからです。
特に多いのが、見積もり後についか費用を取られる、当日になって回収不可と言われる、「お金になりそうなものだけ回収される」「回収時に壁や家具に傷をつけられたのに補償してくれない」ということです。

ネット見積もりだけでなく現地見積もりもお願いすること、見積もりの詳細を確認して分からないことは業者に質問することで良い不用品回収業者を選べます。

また一つの業者だけに見積もり依頼するのではなく一括見積りを取るのがポイントです。
複数の業者にまとめて依頼することで見積り依頼の時間を短縮できますし費用の節約にもなります。
ゴミナビ!は無料で一括見積りがすぐに取れるのでぜひ使ってみてください。

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話