不用品回収ここだけの話

遺品整理でトラブルにならないために大切なこと

Posted by 2021.12.20 Business vector designed by Freepik
前のページに戻る

遺品整理と聞いて、故人の品物を分けるだけなら
そこまで難しいことではないのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。

遺品整理は想像以上に労力と時間をつかうだけではなく
実は細かい法律なども関わってくる難しい作業です。
また貴重品などをむやみに処分してしまうと親族内のトラブルにも繋がりかねません。

仕分ける際のチェックポイント

自身で仕分けを行う際に重要になるのは「残す物」「売る物」「捨てる物」など分別することが大切です。

残す物

・日記やアルバムなど思い出の品
・有価証券、登記簿、権利関係の書類
・クレジットカード、免許証などの貴重品

権利関係の書類などは気付かずに処分してしまうと後々、相続などの際にトラブルに繋がってしまう可能性があります。
日記やアルバムは何物にも代えられない思い出の品です。
後悔しない為にも大切に保管しておきましょう。

売る物

高価な着物や骨董品などアクセサリーや宝石類は売る事もできますが
その際にはトラブルにならない為にも親族間の話し合いも必要です。

捨てる物

不要な家電製品や家具・衣類など遺品整理ではこれらの処分品が多く出てしまいます。
自治体に回収をお願いするとなるとあまりにも多くなってしまう場合
申請手続きや回収の日程にかなり時間がかかってしまう可能性もあります。


これだけでもかなり労力をつかう事が考えられますが
遺品整理をプロに依頼することによってすべて短期間で終わらせることが可能になります。


遺品整理を行う業者はご家族に寄り添い遺品を大切に取り扱ってくれる事はもちろんですが
遺品整理業者は古物商許可を取得している業者も多いので、許可を取得している業者であれば価値のあるものは買い取ってもらうこともできます。
また専門家の紹介もしてくれるので安心です。
さまざまなトラブルをさけるために遺品整理はプロにお願いすることが一般的なようです。


ゴミナビ!では全国の都道府県からあなたにピッタリな遺品整理業者も検索することができます。
ご自身での遺品整理に不安がある場合はゴミナビ!で遺品整理のプロを検索してみてはいかがでしょう?

リアルな口コミ20000件突破!全国登録業者数は9000社以上!
日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、
日本全国はもちろん東京、埼玉、京都、福岡の回収業者をまとめた口コミサイトといえばゴミナビ!評判・口コミ・相場が満載!

前のページに戻る

バックナンバー

本棚の処分方法4選

最近では電子書籍が流行していて家に本がないという人もいるかもしれません。本棚のスペースを空けるために持っ...続きを読む

Posted by 2021.12.21

CtoC事業の闇って?

店舗や買い取り業者を挟まずして、顧客同士が売買契約を行うことができるのでCtoC事業と言われています。 ...続きを読む

Posted by 2021.12.06

食器棚の処分方法

大きさや素材から、燃えるゴミとは異なることは明らかで、自分で捨てて良いものなのか、どうやって捨てるのか困...続きを読む

Posted by 2021.10.24

観葉植物は粗大ごみ?

お引越しの時や飾っていた観葉植物が枯れたりして処分をしなければいけない状況になった場合どのように植物を処...続きを読む

Posted by 2021.10.24

断捨離のすすめ

「もういっそのこと物を全部捨てたい!」「どっちを向いても物だらけの部屋にうんざりしてきた…」そんなときに...続きを読む

Posted by 2021.10.22

BBQのごみについて

バーベキュースポットとしても人気のとある河川敷ではバーベキュー(BBQ)の大量のゴミとともにコンロなどま...続きを読む

Posted by 2021.10.22

深刻化する孤独死

誰にもみとられず、自宅でひっそりと、1人で最期を迎える「孤独死」――。 ニッセイ基礎研究所によると、わ...続きを読む

Posted by 2021.10.22
不用品回収ここだけの話